PR
全852文字

 米インテルは2019年7月、「CPUの1000倍速く、1万倍高効率」(同社)という脳型(neuromorphic)演算システム「Pohoiki Beach(開発コード名)」を開発したと発表した。ロボットなどが移動しながら自らの位置を把握する技術「SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)」や経路探索、スパースコーディング、義足などへの応用を想定しているという。

Pohoiki Beach(ポホイキビーチ)=ハワイ島の東端にある黒い砂の海岸。

開発した脳型演算システム「Pohoiki Beach」 (右が「Nahukuボード」。左は、IntelのFPGA「Arria 10」)。
[画像のクリックで拡大表示]
開発した脳型演算システム「Pohoiki Beach」 (右が「Nahukuボード」。左は、IntelのFPGA「Arria 10」)。
(写真:Intel)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い