全3072文字
PR

 最先端テックカンパニーが欲しいAI(人工知能)人材と要らないAI人材の実像が見えてきた。メルカリとディー・エヌ・エー(DeNA)、ABEJAの3社は2019年7月18日、AI(人工知能)分野の人材に関する育成や採用の取り組みを披露した。

 「AI人材の育成はこの数年が勝負。短期間で実践的な教育をどうするかが非常に重要だ」。経済産業省の小泉誠情報経済課課長補佐はこう強調した。小泉課長補佐は商務情報政策局でAI人材育成政策を担っている。

「AI人材の育成を単なるはやりではなく大きなうねりにしたい」と語る経産省の小泉課長補佐
「AI人材の育成を単なるはやりではなく大きなうねりにしたい」と語る経産省の小泉課長補佐
[画像のクリックで拡大表示]

 国はAI戦略の中で2025年までに、高校教育などを通じて年間25万人のAI人材を育成する目標を掲げている。目標達成に向けて小泉課長補佐は教師不足を課題に挙げた。「AIに関する教育は体系化されておらず、かつ変化のスピードも速い」(小泉課長補佐)ため、講師の確保がままならないのが現状だという。

 経産省が講師人材を輩出する源として期待するのが、AIの研究・開発・活用に取り組むテックカンパニーにおける人材育成活動だ。「AI活用の最前線にいる企業のイケてるAIエンジニアを講師にしないと、実践的な教育は困難だ」(同)。テックカンパニーのAI人材育成活動を後押しし、採用からAIを使った事業開発、起業、人材間のネットワーク構築といった「うねりを起こしたい」(同)。

経産省が主導するAI人材育成の取り組み「AI Quest」の位置付け
経産省が主導するAI人材育成の取り組み「AI Quest」の位置付け
[画像のクリックで拡大表示]

DeNA・ABEJA・メルカリ、三者三様のAI人材戦略

 AI人材の育成を積極的に進めるテックカンパニーとして、DeNAとABEJA、メルカリの3社が登壇した。それぞれの活用の現状を含め、AI人材の採用や育成の取り組みを語った。

 「当社のAI戦略ははじめにサービスありき。AI技術をサービスに生かし、サービスから生まれる大規模なデータをAI技術の研究・開発に生かすトライアングルを重視している」。DeNAの山田憲晋AI本部AIシステム部部長は同社のAI戦略をこう説明した。2010年からAIの研究や活用を始めたDeNAは、分野をゲームや自動車関連事業、スポーツ、創薬などに広げているという。

DeNAの山田部長
DeNAの山田部長
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料