全1222文字
PR

マスキー法対策で世界を驚かせたCVCCの再来

 ホンダのプレチャンバーに対する期待は大きい。同技術を「i-CVCC」と名付けた。マスキー法対策で1970年代に世界を驚かせた「CVCC(複合渦流調速燃焼)」の再来というわけだ。CVCCの根幹は、副燃焼室の活用である。

 ホンダはまず、理論空燃比(ストイキオメトリー)で燃焼する通常のエンジンに、プレチャンバーを採用する考えである。ハイブリッド車(HEV)用のガソリンエンジンに採用する可能性がある。将来は希薄燃焼(リーンバーン)のエンジンに採用して、熱効率をさらに高める方針である。

WTCCで走る「Civic WTCC」。プレチャンバー技術を採用している。(写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]
WTCCで走る「Civic WTCC」。プレチャンバー技術を採用している。(写真:ホンダ)

 プレチャンバーは、点火プラグの先端を小部屋(プレチャンバー、副燃焼室)に収めて火を着けるもの。点火プラグの先端に、小さな穴を設けた金属キャップをかぶせるイメージである。

 プレチャンバー内で混合気を点火すると、複数の小さな穴から火炎が主燃焼室に飛び出る。複数の火炎が広がる「多点点火」に近い燃焼形態を実現する。加えて、小さな穴から飛び出るときに火炎が高速になる。ノッキング(異常燃焼)を抑えて、熱効率を高めやすくなる。