全1730文字

 鉄道総合技術研究所は「鉄道総研技術フォーラム2019」(2019年8月29・30日)で3D測定を応用した線路設備の検査・管理技術を複数出展した。構造物などの見回り業務、列車に乗って線路の状況を巡視する業務、車両建築限界の検測業務などをそれぞれ支援し、異状や支障の状況を素早く把握可能にする。

多数の画像から3Dデータを生成

 「デジタル画像による全般検査の支援技術」は、高架橋などの構造物や盛土を担当者が歩いて見回る業務の支援を目的とする。見回りの際に、担当者はカメラを2つ付けたヘルメットを着用し、見えた風景を全部記録する。こうして得た多くの画像から3Dモデルを生成し、ビジュアルに全体を俯瞰(ふかん)可能にする(図1)。異状が生じた際は、その地点を3Dモデル上で指定すると、以前に撮影した画像が出てくる仕組みにした。

図1 「デジタル画像による全般検査の支援技術」の展示
[画像のクリックで拡大表示]
図1 「デジタル画像による全般検査の支援技術」の展示
[画像のクリックで拡大表示]
図1 「デジタル画像による全般検査の支援技術」の展示
左は出展の様子で、左手前がカメラが付いた測定用ヘルメット。右は歩いて得た画像群から構成した3Dデータの例。(写真:日経 xTECH)

 これまでは見回りの際、異状のある場所しか写真を撮影していなかったため、異状が生じる前の状況を示す写真がない場合が多かったという。新技術では見回り対象を全部撮影して画像を残すとともに、これらから作成した3Dデータにひもづける。3Dデータのインデックスとしての利用により、ビジュアルに画像を検索しやすいのと併せて、画像管理のため検査台帳を作成する業務を省力化できる。

 写真からの3Dデータ生成には「Agisoft Metashape」(ロシア・アギソフト)を利用。データベースは独自に開発した。アジア航測と共同で研究を進めた。