全1297文字
PR

 日産自動車が2019年9月に発売した新型セダン「スカイライン」で、車載Ethernetを採用したことが、日経 xTECHの取材で明らかになった。日本の自動車メーカーとして、車載Ethernetを本格的に採用したのは今回が初めてだとみられる。

日産自動車が2019年9月に発売した新型セダン「スカイライン」(撮影:日経 xTECH)
日産自動車が2019年9月に発売した新型セダン「スカイライン」(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載Ethernetは、自動車内のECUや電装品同士をつなぐ車載ネットワークの次世代技術である(車載Ethernetに関する連載記事)。通信分野のEthernetをベースに、リアルタイム性やフェイルセーフの確保など、自動車で求められる機能に対応している。車載Ethernetは、従来の車載ネットワーク技術に比べて、データ伝送速度が高速、車載ネットワークを簡素化しやすい、IPベースでデータをやり取りできるのでクラウド側との連携がより容易になる、といった利点がある。

 実は、日産が2017年10月に発売した電気自動車(EV)「リーフ」にも、車載Ethernet向け送受信ICが載っていた。具体的には、周辺監視用カメラのECUに、米Broadcom(ブロードコム)の車載Ethernet向け送受信IC「BCM89810」が実装されていた。そこで筆者は同ICの役割を、周辺監視用カメラの映像を伝送する用途だと推察した(関連記事)。だが、このICは、「実際にはリーフでは使われておらず、単に実装されていただけ」(車載Ethernetの動向に詳しい人物)だった。