全689文字
PR

 ホンダが2019年内に発売するとみられた次期「フィット」で、発売直前になって品質問題に見舞われている。電子パーキングブレーキ(EPB)に不具合があり、生産開始が遅れる見込みだ。現行フィットは発売当初、リコールを繰り返した。悪夢が再び始まるのか。

次期フィットのロゴ。車両は2019年10月の東京モーターショーで発表予定である。(提供:ホンダ)
次期フィットのロゴ。車両は2019年10月の東京モーターショーで発表予定である。(提供:ホンダ)

 ホンダは次期フィットに、2019年8月に発売した軽自動車「N-WGN」から採用したEPBを搭載する計画である。オランダのシャシー・ブレーキ・インターナショナル(CBI)製だが最近、不具合を連発している。

 N-WGNは当初2019年7月19日に発売を予定していたが、EPBの不具合で8月9日に延期した。ホンダは不具合対策は完了したとしていたが、同年9月2日に別の原因で不具合が再び発覚。現在まで対策が終わらず、生産と出荷を停止している。

 N-WGNのEPBと近い仕様のものを採用する次期フィットについては、年内に発売するとみられていたが当初予定から遅れる可能性が高い。ホンダとしては、発売早々に品質問題に見舞われるのは、回避したいだろう。