全1281文字
PR
記者会見するブラックベリーSVPのケイヴァン・カリミ氏
記者会見するブラックベリーSVPのケイヴァン・カリミ氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載OS「QNX」を手がけるカナダ・ブラックベリー(BlackBerry)は、2019年10月8日に開催した「BlackBerry QNX TECHForum 2019」で自動車向けの音響ソフトウエア「Acoustics Management Platform(AMP)3.0」のデモを見せた。

 同社はもともとインフォテインメント(IVI)やメータークラスター、音響、テレマティクスといった領域で強みを持つ。今後の注力分野としては、デジタルコックピットやOTA(Over The Air)、ADAS/自動運転などを挙げており、今回のAMP3.0も従来型の音響というよりは、デジタルコックピットや自動運転を強く意識した内容だった。

今後はデジタルコックピットやOTA、ADAS/自動運転に注力する
今後はデジタルコックピットやOTA、ADAS/自動運転に注力する
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 音響といっても、その内容は幅広い。高音質の音楽再生に加え、車内外のノイズ低減やエンジン音などの生成、マイクを介した車内会話、警告音やチャイムの生成など、多岐にわたる。こうした音響システムは、エンジン音のない電気自動車(EV)や、さまざまな警告を発する自動運転車、複数のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)機器を統合するデジタルコックピットなどで重要になる。

 これまでは音響の機能ごとに5種類ほどのECU(電子制御ユニット)が必要だったが、今回のAMP3.0を使うと、1個のプロセッサーで完結でき、システムの低コスト化が可能になるという。「セントラルECUへの統合が進む次世代車のトレンドを意識した」(同社SVP and Co Head, Black Berry Technology Solutions, Sales and Business Developmentのケイヴァン・カリミ(Kaivan Karimi)氏)とする。

従来の音響システムは複数のECUに分かれていた
従来の音響システムは複数のECUに分かれていた
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]
今回のAMP3.0は1つのECU(プロセッサー)上で動く
今回のAMP3.0は1つのECU(プロセッサー)上で動く
(出所:ブラックベリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーに求められる性能は具体的に示さなかったが、「ARM Cortex-A」や「Intel x86/x64」といった一般的なプロセッサーコア上で動作し、「それほど高い性能は必要ない」(同氏)という。