全1734文字
PR

 米アップル(Apple)が2019年版iPhoneとして販売する「iPhone 11 Pro」(以下、11 Pro)と「iPhone 11 Pro Max」(以下、11 Pro Max)。この2機種で印象的だったのがフレキシブル基板(フレキ)の使い方である。

 ディスプレー面を開けたとき、なぜか昨年の「iPhone XS」(以下、XS)と「iPhone XS Max」(以下、XS Max)に比べて「フレキが多い」と感じた。よく見比べると、カメラモジュールなどからのフレキシブル基板が長くなる一方、細くなっていたりする部分があったり一部にリジッド-フレキシブル基板(リジッド基板と一体化したフレキシブル基板)を採用するなどしているので、合計面積では必ずしも増えていないかもしれないが、フレキシブル基板が大幅に減ったということはなさそうだ。

 フレキシブル基板は一般に「高額」とされ、できるだけ面積を減らすように設計するのが定石である。なぜアップルはフレキシブル基板を多用しているのか。

iPhone XS Maxのメイン基板周辺
iPhone XS Maxのメイン基板周辺
メイン基板が細長く上部(カメラ側)に伸びており、2列に並ぶコネクターにフレキシブル基板が接続されている(撮影:渡辺 慎一郎)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 11 Pro Maxのメイン基板周辺
iPhone 11 Pro Maxのメイン基板周辺
フレキシブル基板のコネクターは上部(カメラ側)1/3に集中する形になった。そのため、メイン基板上をフレキシブル基板が幾重にも折り重なるように配置されている(撮影:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 XSとXS Maxではディスプレーのサイズや電池の容量・大きさが違うのに加えて、機能的には同じであるにもかかわらず異なるメイン基板を使っていた。一方、11 Proと11 Pro Maxはディスプレーや電池は異なるものの、メイン基板は全く同じものを使っている。つまり11 Proと11 Pro Maxでは、コストを下げるためにメイン基板を共通化し、大きさの違いをフレキシブル基板で吸収したと見られる。こうした工夫が奏功しているのか、価格はXSの11万2800円に対して11 Proは10万6800円に、XS Maxの12万4800円に対して11 Pro Maxは11万9800円になった(いずれも64Gバイト品、税別)。

11 Proと11 Pro Maxのフレキシブル基板
[画像のクリックで拡大表示]
11 Proと11 Pro Maxのフレキシブル基板
[画像のクリックで拡大表示]
11 Proと11 Pro Maxのフレキシブル基板
メイン基板とLightningのジャックをつなぐフレキシブル基板。一部に2階建てのリジッド基板を搭載する。11 Pro Max(写真左)と11 Pro(写真右)でフレキシブル基板の大きさが違う(撮影:加藤 康)