全3154文字
PR

 人手不足や人件費の高騰により生産現場の自動化ニーズは高まるばかり。その1つが工作機械で加工するワークの産業用ロボットによるハンドリング。ワークの供給・排出(ローディング・アンローディング)などを自動化できれば、夜間や休日などに無人で加工でき、大きな省人化効果が期待できるからだ。しかし、ロボットを使った経験のない現場には、導入の大きなハードルがある。動作プログラムの作成(ティーチング)だ。工作機械のNC装置は使い慣れていても、ロボットのティーチング・ペンダントは触ったことがないという作業者は多い。

 工作機械見本市「メカトロテック ジャパン 2019」(MECT2019、2019年10月23~26日、ポートメッセなごや)では、こうした現場の悩みに応えるべく、NC装置でロボットの動作を設定できるようにするなど、工作機械との親和性を高めた自動化システムが多数みられた。

 例えば、ロボット制御する機能を搭載したNC装置を訴求していたのが三菱電機だ。NC装置の加工プログラムGコードから直接ロボットの動きを制御する機能で、ロボットに搭載されているセンサー情報の参照やロボットハンドの制御をNC装置から直接実行できる。

三菱電機のNC装置によるロボット制御のデモンストレーション
三菱電機のNC装置によるロボット制御のデモンストレーション
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 デモンストレーションでは、同社製の小型ロボットがワークを把持して加工機にセット。加工が終わるとワークを把持してシューターに投入するといった一連の動作を全自動でこなしていた。同社の最新NC装置「M800」「M80」「E80」シリーズに2019年4月から同機能を標準搭載しており、同社製およびドイツ・クーカ(KUKA)製の産業用ロボットに対応する。クーカは中・大型ロボットを、三菱電機は小型のスカラー型/多関節型を中心にラインアップしており、2社のロボットに対応することで、幅広い種類のワークを扱えるとしている。

自動旋盤に特化したマザックの「TA」シリーズ

 ヤマザキマザック(本社愛知県・大口町)は、同社の自動旋盤「Quick Turn」用の自動化セルシステム「TA(Turn Assist)」シリーズのデモンストレーションを披露した。ワークのローディング/アンローディング用のロボットで、ストッカーからワークを取り出して自動旋盤に取り付けたり、加工後のワークをストッカーに置いたりといった作業を自動化する。同社ブースの動作デモでは、「Quick Turn 250MY」と「TA-20/270」を組み合わせ、ワークのローディング、加工後のエアブローとストッカーへの収納を自動でこなすデモを披露していた。

ヤマザキマザックの自動化セルシステム「TA-20/270」
ヤマザキマザックの自動化セルシステム「TA-20/270」
ファナックのロボットとストッカーなどを一体化した。自動旋盤「Quick Turn」のワークのローディング/アンローディングを自動化する。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストッカーとファナックの産業用ロボットと架台を一体化した上で、エリアセンサーを組み込むなどして1つのユニットに仕立てている。旋盤での丸物ワークの加工に特化し、エンドエフェクターはワークの把持に限定して面倒なティーチングやプログラミング作業なしで使えるようにした。Quick TurnのNC装置「MAZATROL Smooth X」に搭載した専用の操作プログラム「Smooth TURN ASSIST」上で、ワークの形状や寸法、把持位置などを入力すれば動作を設定できる。最大可搬質量が7/14/26kgの3種類のTAシリーズをそろえている。