全2429文字
PR

 創業からわずか5年でありながら、名だたる大手企業と取引するベンチャー企業が横浜市にある。今をときめくテックカンパニーでもなければ、ユニコーンと呼ばれるほどの派手さもない。だが、独自の接合技術を武器に、地味だが地に足の着いた実績を積み上げている。LINK-US(リンクァス)という企業だ。

LINK-USの金属接合のサンプル
LINK-USの金属接合のサンプル
同種金属同士でも異種金属同士でもくっつけることが可能。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 大手企業が評価するのは、「超音波複合振動接合」と呼ぶ技術。これは超音波振動接合の一種で、直線振動とねじり振動を組み合わせた楕円形状の振動(楕円複合振動)を利用する点に特徴がある。対象は、電機・電子部品の導通部。金や銀、銅、アルミニウム合金、ニッケル、鋼、ステンレス鋼などを、同じ金属同士でも異なる金属同士でもくっつけることが可能だ。

楕円複合振動で金属同士を原子間結合

 2つの金属を上下に重ね、重なった部分に超音波複合振動装置の先端チップを当てる。こうして2万~4万Hzの楕円複合振動を加えると、両金属の表面を覆う酸化層が接合界面から除去され、新生面がむき出しになる。こうして原子間結合が起こり、金属同士が強固に接合される仕組みだ。

 先端チップは交換式となっており、導通部(接合部)に合わせてさまざまな形状から選ぶことができる。既に十数社が採用しており、その多くは試験機用途だが、量産での使用実績もある。リチウムイオン2次電池の安全弁の接合や缶底と電極の接合だ。他にも、ラミネート型リチウムイオン2次電池の集電箔とタブ(電極)の接合や、インバーターのパワー半導体とバスバーの接合を行う量産工程に、この超音波複合振動接合が導入される可能性があるという。

超音波複合振動接合に使う先端チップ
超音波複合振動接合に使う先端チップ
さまざまな形状のものがあり、接合部に適したものを選択できる。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]