全1362文字

 いすゞ自動車とスウェーデン・ボルボ(Volvo)は2019年12月18日、商用車分野で業務提携すると発表した。提携の第1弾として、ボルボの100%出資会社であるUDトラックス(旧日産ディーゼル工業)をいすゞが買収することで合意した。2020年末までに手続きの完了を目指す。

 今回の業務提携の柱は、(1)先進技術やCASE対応に向けた技術的な協力、(2)日本やアジアを中心とする大型トラック事業の強化、(3)将来の“物流革命”に向けた中小型トラック事業での協業──の3つ。いすゞによるUDトラックスの買収は、第2の柱の一環である。

 買収後も当面はUDトラックスのブランドは存続するが、いすゞとUDトラックスの車両で設計・開発手法や部品などを共通化し、コスト削減を進める。ただ、いすゞ社長の片山正則氏は東京都内で同日に開いた会見で、「両社の日本における生産体制の再編は、現時点では考えていない」(片山氏)とした(図1)。

片山正則氏
図1 いすゞ社長の片山正則氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 いすゞはUDトラックスの買収に約2500億円が必要になると見ており、手元資金と借り入れで賄う予定である。片山氏は会見で、「当社の財務状況から見て、資金調達は可能」との見通しを示した。

 一方、第1の柱である先進技術やCASE対応については、ボルボが主導権を握る。乗用車分野と同様、商用車分野でも運転者不足や事故の削減、環境問題などを解決するため、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)、電動化技術の開発が進んでいる。これらの技術開発には膨大な時間と費用がかかる。

 ボルボ社長兼CEO(最高経営責任者)のマーティン・ルンドステット(Martin Lundstedt)氏は、「大型トラック向け自動運転技術の開発を強化しており、港湾や鉱山など限定した場所で、無人運転トラックの実証実験を進めている」と言う。今後、両社は連携を強化し、開発コストを分担しながら早期の実用化を目指す(図2)。

マーティン・ルンドステット氏
図2 ボルボ社長兼CEOのマーティン・ルンドステット氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い