PR
全1302文字

 「自分が経験した中で最もハードな要件のプロジェクトだった」。こう振り返るのはTISでペイメントサービス企画部シニアプロデューサーを務める高島玲氏。トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンス(TF)が2019年11月に提供を始めたスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の開発でパートナーとしてTIS側のプロジェクトマネジメントを担当した。

 TOYOTA WalletはMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)時代をにらみ、トヨタが投入したサービス。決済手段として電子マネー、クレジット、デビットに対応するほか、電車・バス・レンタカーなどを併用する「my route」といった関連サービスに組み込んで利用できる。「顧客にとってシームレスな決済サービスは不可欠になる」(トヨタ自動車)。自ら決済領域に乗り出して利便性を高めることで、MaaSの普及を推し進める狙いだ。

 特徴的なのが、トヨタ販売店のキャッシュレス化を目指したクレジット機能。「販売店の売上規模は国内だけで約7兆円。キャッシュレス化のインパクトは非常に大きい」(同社)とし、スマホでクルマまで購入できる年会費無料のクレジット機能を搭載した。

 トヨタはこれらの機能を実現するに当たり、「決済サービスにおいて特徴や強みを有する企業をパートナーとして選出した」(同社)。電子マネーは三井住友カード、デビットは三井住友銀行の協力を得た。目玉の一つであるクレジットはOrigamiとTFが共同で開発した。

[画像のクリックで拡大表示]

 TISはアプリとサーバー側の開発を担当した。サーバー側はIDや決済情報の管理、セキュリティー、外部サービスとの接続などを担うもので、TISの「デジタルウォレットサービス」を基に構築した。同サービスは三菱UFJ銀行の「MUFG Wallet」などでの利用実績がある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い