PR
全968文字

 日本郵便は2020年1月17日、ホンダの新型電動スクーターを郵便配達向けに導入すると発表した。まず同日に、東京都の新宿郵便局で5台の使用を開始した。郵便配達業務における電動車の活用に関して、2017年3月に両社が締結した覚書に基づくものである(図1)。

ホンダの電動スクーター
図1 日本郵便が導入したホンダの電動スクーター
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年度中に、東京都内の4局(新宿・日本橋・渋谷・上野の各郵便局)に200台を導入する。2020年度中には、首都圏や地方の主要都市の郵便局にも配備し、最大で2000台の導入を予定する注)

注)2020年度中に配備する地域は、首都圏では神奈川県や埼玉県、地方の主要都市では静岡や大阪、京都、神戸、広島、福岡などを予定している。

 2020年度末には、日本郵便が東京都内で使用する郵便配達向け二輪車の約20%が電動車になるという。電動車の導入によって、配達用二輪車からのCo2排出量を減らす。モーターで駆動するため、騒音対策に寄与する利点もある。

 ホンダの電動スクーター「ベンリィe:」には、第一種原動機付自転車(原付一種)の「ベンリィe:Ⅰ」と、第二種原動機付自転車(原付二種)の「同Ⅱ」の2車種がある。いずれも、着脱式の電池パック(電圧48V)2個を直列に接続した96V駆動のシステムでモーターを動かす。同Ⅱの方が最大出力と最大トルクが大きいため、多くの郵便物を積みやすい(図2)。

図2 電動車とガソリン車の比較
図2 電動車とガソリン車の比較
ホンダの資料を基に、日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 日本郵便はこの2車種を導入。2019年度末までに配備する200台のうち50台が同Ⅰ、150台が同Ⅱである。「2020年度末までに納入する2000台についても、ほぼ同じ比率になる」(ホンダ)という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い