PR
全1164文字

 三菱総研DCSは2020年1月17日、同社が提供するWeb出願サービス「miraicompass(ミライコンパス)」が1月14日にシステム障害で利用できなかったと発表した。同社は2015年度入試からサービスを提供し、2020年度入試では全国で750校以上の小学校、中学校、高校が入試関連の手続きに同サービスを使っている。

Web出願サービス「miraicompass」で発生したシステム障害に関するリリース
Web出願サービス「miraicompass」で発生したシステム障害に関するリリース
(出所:三菱総研DCS)
[画像のクリックで拡大表示]

 システム障害は14日の午前9時50分から午後8時15分まで約10時間続いた。この間、出願手続きや受験料および入学金の決済ができなかった。

 障害の原因は「データベースのログ情報を保存する領域が不足したため」(三菱総研DCS広報)。想定を上回る速度でログ情報が増えたといい、「これまでの運用で初めての現象」(同)。なぜ急増したかは究明中で、まずは保存領域を拡張して復旧を優先させた。

「出願できない」「事の重大さを理解していない」

 障害が発生した1月14日は、首都圏の多くの私立中学校がmiraicompassでの出願を受け付けている「ピーク」の1日に当たる。近年、学校窓口での出願受け付けを取りやめ、miraicompassに一本化している学校も少なくない。このため障害発生中は、「Web出願できない」「学校に連絡したが事務の人は事の重大さを理解していなかった」といった受験関係者とみられる人の声がSNSに書き込まれていた。

 三菱総研DCSは障害を検知した後、全てのサービス利用校にメールで障害状況を通知し、受験生が手続きするログイン画面でも障害状況を表示していた。当初は復旧見込みを14日夕方としていたが、実際には午後8時過ぎまで復旧できなかった。

出願手続きなどを行う各学校のログイン画面で表示されるお知らせ
出願手続きなどを行う各学校のログイン画面で表示されるお知らせ
(出所:三菱総研DCS)
[画像のクリックで拡大表示]

 学校側も対応を迫られた。城北埼玉中学校は一部の試験の出願期限を14日午後3時としていたが、障害を受けて急きょ試験当日の15日午前8時まで延長した。さらに今年度取りやめていた窓口での受け付けを開始し、15日午前8時半まで対応したという。ほかにも、同様の対応をした学校が幾つかあった。

14日締め切りだった出願手続きを延期した学校のお知らせ
14日締め切りだった出願手続きを延期した学校のお知らせ
(出所:東海大学付属浦安高校中等部)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い