全1092文字

 SUBARU(スバル)は2020年1月20日に技術説明会を都内で開催し、2030年に向けた電動化計画を発表した。同年に世界で販売する車両の40%以上を電動車両にする。また2030年代前半には、世界で販売する全ての車両に電動車両を設定する計画である。

 スバルの電動車両には、既に販売している簡易ハイブリッド車(MHEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)がある。今後はトヨタ自動車と共同開発するハイブリッド車(HEV)と電気自動車(EV)を、電動車両の中核に位置付ける。スバル社長の中村知美氏は、「トヨタとのアライアンスを活用して、電動化を加速させる」と強調した(図1)。

中村知美氏
図1 スバル社長の中村知美氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、トヨタと共同開発するEVを2025年までに発売する。同社の技術協力を受けて開発するHEVも、2020年代前半に投入する計画である。トヨタとの連携を強化して電動車両の車種を拡充し、同車両の比率を現在の数%から2030年には40%以上に高める(図2)。

電動化のロードマップ
図2 電動化のロードマップ
(出所:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

 スバルが北米で販売する中型SUV(多目的スポーツ車)タイプのPHEV「Crosstrek Hybrid」は、トヨタのハイブリッド機構「THS II」をベースにして開発した。トヨタとの提携を拡大し、HEVもTHS IIをベースに開発する(図3)。

PHEVのハイブリッド機構
図3 PHEVのハイブリッド機構
モータージェネレーター(MG)を2個搭載する。トヨタのTHS IIをベースに開発した。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハイブリッド機構はPHEVのものを改良し、水平対向エンジンはHEV用に専用開発する。プラットフォームは、スバルの「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」を適用する。