全1970文字
PR

 法務部を「戦略法務部」へ――。この合言葉を基に、バインダイナムコエンターテインメントが法務関連業務の生産性向上に乗り出している。同部門をはじめ全社員の生産性向上へITを駆使し、全社員が1カ月の夏休みを取れる環境を目指す。

バンダイナムコエンターテインメントはITを使い社員の生産性向上に努めている
バンダイナムコエンターテインメントはITを使い社員の生産性向上に努めている
(出所:バンダイナムコエンターテインメント)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2019年6月、約2年かけて社内用法務システム「ZACRO(ザクロ)」を稼働させた。同システムによって法務部の定型業務を3割削減したという。

 「当社のビジネスを支える上で、法務部は特に重要な部署の1つ。ZACROには法務部の定型業務を減らし、より戦略的な業務に注力してもらう狙いがある」。バンダイナムコエンターテインメントの森田繁経営推進室情報システム部ゼネラルマネージャーは新システムの意義をこう説明する。

バンダイナムコエンターテインメントの森田繁経営推進室情報システム部ゼネラルマネージャー
バンダイナムコエンターテインメントの森田繁経営推進室情報システム部ゼネラルマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームやアニメの著名な作品を多数抱える同社にとって、キャラクターの知的財産(IP)は重要な商品だ。自社のIPが侵害されていないかチェックする守りの業務に加え、IPを生かした新サービスの開発など攻めのIP活用を進めている。欧州データ保護規則(GDPR)をはじめとする法規制の順守状況の確認からeスポーツ大会の賞金額の設定まで、世界中でサービスを展開する同社にとってリーガルリスクと常に向き合わなければならない法務部の責務は重大だ。

 一方で「事業部からの契約書の書き方に関する問い合わせ対応など、従来は法務部が非戦略的な定型業務に時間を割かなければいけない状況だった」。グループ企業向けのシステム開発を手掛けるバンダイナムコビジネスアーク情報システム部事業支援セクションネットワークエンターテインメントユニットチームの坂井龍彦氏はこう語る。

バンダイナムコビジネスアーク情報システム部事業支援セクションネットワークエンターテインメントユニットチームの坂井龍彦氏
バンダイナムコビジネスアーク情報システム部事業支援セクションネットワークエンターテインメントユニットチームの坂井龍彦氏
[画像のクリックで拡大表示]