全1306文字
PR

 オフィスビルの空調制御などを手掛けるアズビルと戸田建設、村田製作所の3社は、カード型リモコンで空調を制御するシステムを開発した。オフィスで働く社員が同リモコンを携帯し操作すれば、空調の設定を手軽に変更できる。「暑い」と感じる一部の人が空調の設定温度を下げても、周りの人が寒く不快に感じないように温度をこまめに自動調整するのが特徴だ。

アズビルと戸田建設、村田製作所が開発したカード型リモコンで空調を制御する様子
アズビルと戸田建設、村田製作所が開発したカード型リモコンで空調を制御する様子
(出所:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発したシステムは主に、社員証ケースに入る大きさのカード型リモコンと、同リモコンの信号を受ける受信機などで構成する。受信機はオフィスの天井に点在し、エリアごとに配置した各空調機と連動している。

空調を制御するカード型リモコンの大きさは、横70mm×縦45mm×厚さ3.3mm。左から順に「寒い」「快適」「暑い」のボタンが付いている
空調を制御するカード型リモコンの大きさは、横70mm×縦45mm×厚さ3.3mm。左から順に「寒い」「快適」「暑い」のボタンが付いている
(出所:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィスで働く社員がカード型リモコンにある「暑い」または「寒い」のボタンを押すと、申告者の周りにある複数の受信機が信号を受信。信号の強度が最も高い受信機を「申告者から最も近い位置にある」と判断し、その受信機に対応する空調機の設定温度を変更する。

開発した空調制御システムの構成
開発した空調制御システムの構成
(出所:アズビル)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでの空調は特定の人が調整しがちだった。大人数が集まる会議室をはじめ、空調の設定を変えてほしいと思っても言いにくいことがある。同システムであれば、周りの人に遠慮することなく空調を操作できる。個々の社員の感覚を空調の設定に反映しやすくなるメリットがある。