全2239文字

 スマートフォン(スマホ)で足を撮影するだけで高精度の足型の3Dモデルを作成し、採寸を可能にする技術を、ベンチャー企業のVisualize(ヴィジュアライズ)が開発した。AR(拡張現実感)を活用したガイド付きのインターフェースによって、自分1人でも簡単に作成できる点が特徴だ。

 同社は日本で2019年11月に設立された。CEOは、ユニクロが提供する身体採寸サービス「MySize CAMERA」が採用している技術を開発した米Bodygram(ボディグラム)の創業者でCEOのジン・コー(Jin Koh)氏である。ちなみに、VisualizeはBodygramの子会社ではなく、BodygramがVisualizeの少数株を保有する関連会社であるという。

Visualize(ヴィジュアライズ)が開発した技術で生成した足型の3Dモデル。「足長」「足幅」「足囲」の採寸結果も表示される
Visualize(ヴィジュアライズ)が開発した技術で生成した足型の3Dモデル。「足長」「足幅」「足囲」の採寸結果も表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い