PR
全3810文字

 電気自動車(EV)用駆動モジュール「電動アクスル(イーアクスル)」の戦いの火蓋が切られた。モーターとインバーター、減速機を一体化させたEVの心臓部ともいえるコア部品の市場競争である。電動アクスルを造る企業が世界に200社もあるともいわれる中、“先制攻撃”を仕掛け、他社を一歩リードするのが日本電産だ。

 「多少無理でも全て受けろ」──。こう社内に号令を発したのは、同社会長(最高経営責任者)の永守重信氏だ(図1)。いち早く電動アクスルにビジネスの将来性を感じ取った同氏は、とにかく自動車メーカーから引き合いがあったら、それらを全て受注せよと社内に厳命を下した。

日本電産会長の永守氏
日本電産会長の永守氏
図1 電動アクスルの受注実績を上げるべく社内を鼓舞する。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年1月中旬には、新規に開発した出力200kWの電動アクスル「Ni200Ex」と50kWの「同50Ex」を公開(図2)。これにより、既に発表している70kWの「同70Ex」と100kWの「同100Ex」、150kWの「同150Ex」を合わせて、同社は5機種の電動アクスルをそろえた。

図2 日本電産が新たに開発した電動アクスル
図2 日本電産が新たに開発した電動アクスル
左が200kW品で、右が50kW品。それぞれ、大型SUVタイプのEV、軽自動車タイプ/AセグメントのEV向け。ラインアップを広げた。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

車両セグメントの98%をカバー

 なぜ5機種なのか。軽自動車タイプの小型EV向けから大型のSUV(多目的スポーツ車)ベースのEV向けまで、自動車メーカーが求める電動アクスルを全て供給できるようにするためだ(図3)。具体的には、50kWの電動アクスルで「軽自動車タイプ/Aセグメント」を、70kW品で「A/Bセグメント」を、100kW品で「B/Cセグメント」を、150kW品で「C/Dセグメント」を、200kW品で「D/Eセグメント」をカバーする。200kWを超える大型EVには前後輪に1つずつ、すなわち2個の電動アクスルを搭載する。これにより、400kWの出力を要する大型EVにまで対応できる計算だ。

図3 車両セグメントと各電動アクスルの関係
図3 車両セグメントと各電動アクスルの関係
出力が50k~200kWまでの5機種をラインアップにそろえることで、軽自動車クラス/Aセグメントの小型車からEセグメントの大型車にまで電動アクスルの供給を可能にするのが日本電産の狙い。(作成:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 この算盤(そろばん)により、日本電産は「世界の98%の車両セグメントを網羅する」と胸を張る。パソコン分野の「インテルインサイド」にあやかり、「BEV(バッテリーEV)分野のニデックインサイドを狙う」(日本電産)と鼻息が荒い。

 大言壮語と一笑に付せないのは、「5機種全ての電動アクスルが、既に自動車メーカーの受注を得ている」(同社)からだ。それらのEVの発売時期に合わせ、2020年に100kW品を、2021年に70kW品を、2022年に50kW品を、2023年に200kW品を量産する計画を日本電産は立てている(図4)。中国の自動車メーカーを筆頭に、欧州の自動車メーカーからも多くの受注があるというが、驚くのは「日本の全自動車メーカーから話が来ている」(日本電産)ことだ。系列外の取引である「脱ケーレツ」が現実になりつつあると同社は感じているようだ。

図4 出力ごとの電動アクスルの量産開始時期
図4 出力ごとの電動アクスルの量産開始時期
2019年から1年で1機種のペースで量産を立ち上げていく計画。(作成:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い