全1164文字

 トヨタ自動車は2020年2月3日、超音波センサーなどを使わずに前進時の急発進を抑制する機能を開発したと発表した。コネクテッドカーから得られたビッグデータに基づいて、ペダルの踏み間違いによるアクセル操作を特定し、前進時の急加速を抑制するのが特徴である。新機能によって、駐車場などにおけるペダル踏み間違い事故の削減を目指す。

 前進時の誤発進を抑制するシステムでは通常、前部バンパーに装着した超音波センサーや、フロントウインドー上部の室内側に搭載したカメラを使って車両前方の障害物を検知し、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる急発進を抑制する。トヨタが開発した機能は、車両前方に障害物がなくても急発進を抑制できる。自動でブレーキはかけない。

 トヨタは開発した機能を、2020年夏に発売する新型車から順次導入する。同社の先進安全運転支援システム(ADAS)「Toyota Safety Sense(第2世代版)」に新機能を追加する形になる。

 また今回の新機能は、車載通信機器「DCM」を積んでいない車種にも対応する。そのため、新型車への搭載開始と同時期に、既販車向けの「後付け誤発進抑制システム」にも、今回の新機能を追加する予定である。

 トヨタは現在、DCMを使ったコネクテッドサービスを提供しており、クルマの走行データをリアルタイムで収集している。新機能の開発ではまず、実際のペダル踏み間違い事故の発生時において、アクセルペダルやブレーキペダルなどの操作状況を分析した(図1)。

図1 障害物がない場合の判定方法
図1 障害物がない場合の判定方法
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、コネクテッドサービスから得られた過去のデータを用いて、右折時や一時停止後など急加速を必要とする状況を、分析結果の中から除いた。これにより、異常なアクセルペダル操作の状況を特定し、障害物がなくても急加速を抑制できるようにした。ADASのソフトウエアを改良することで実現したという。