全1004文字

 社内調査の杜撰(ずさん)さが露呈──。三菱電機が受けたサイバー攻撃により、防衛情報が流出した可能性があることが明らかになった。防衛省の「注意事項」がハッカーに盗まれた可能性がある。研究開発中の防衛装備品に関する情報とみられる。同社は2020年2月7日にこの情報が外部へ流出した可能性に気づき、同日に防衛省に報告したという。同社はこれまで防衛関連情報の流出を否定していた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い