全2817文字
PR
[画像のクリックで拡大表示]

 「CES 2020」(2020年1月7~10日、米ラスベガス)に出展され、映像技術やVR(Virtual Reality)の専門家が絶賛して話題を呼んだデバイスがある。同年1月7日にパナソニックが発表した新型VR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)の試作機で、眼鏡に近いデザインはまさに「VRグラス」だ(図1)(関連記事参照)。

図1 パナソニックの新型VRHMD
図1 パナソニックの新型VRHMD
デザイン性を重視し、複数の種類を試作した。
[画像のクリックで拡大表示]

 このHMDはCESの同社のプレスカンファレンスで一切触れられず、その裏でひっそりと発表された。パナソニックによると体験者からの評価はおおむね高かったという。会場で体験した米Oculus VRの創業者Palmer Luckey氏もTwitterで称賛した。

 このHMDが話題となったのは、 重い、大きい、画質が良くないというVRの3つの課題を解決したからだ。

 まず注目すべきは、その大きさと重さである。従来のVRHMDより大幅に小型・軽量化し、重さは約160gで、接眼部分のクッションと眼鏡のつるで支える形状とした(図2)。実際に装着してみると、ヘッドバンド無しでも安定する軽さで、違和感なく長時間装着できると感じた。

図2 専用イヤホンは磁石で眼鏡のつるに付く
図2 専用イヤホンは磁石で眼鏡のつるに付く
物理的なIPD(瞳孔間距離)調整機能を備える。
[画像のクリックで拡大表示]

マイクロOLED採用で小型化

 小型・軽量化を実現できたカギは、ディスプレーと接眼レンズにある。まずディスプレーは、米Kopin(コピン)と共同開発したマイクロ有機EL(OLED)パネルを使用した。

 今回使用したパネルの大きさは1型で、解像度は2048×2048画素(2896ppi)である。製品化の際は、現在開発中の1.3型(2560×2560画素)を搭載する予定だ。1型では視野角が77度であり、1.3型を用いると視野角が97度まで広がるという。

 接眼レンズは、米3M(スリーエム)と共同開発した薄型パンケーキレンズを使用(図3)。ディスプレーが小さいため、高い倍率の専用レンズが必要だった。パナソニックのデジタルカメラ「Lumix」で培った光学技術を応用し、ディスプレーとレンズの距離を短くして小型・軽量化につなげた。

図3 接眼レンズは交換可能
図3 接眼レンズは交換可能
度付きレンズがあり眼鏡利用者も使用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

高画質・高音質で臨場感向上

 ディスプレーの性能が向上したことで映像が高画質化した。今回発表したHMDの角画素密度(角度1度当たりの画素数)は26ppdである。既存の主要VRHMD製品の角画素密度は13ppd程度にとどまるので、約2倍のきめ細かさで映像を視聴できる。体験時には映像内の文字もくっきりと判読できた。将来的には、人間の視力1.0に相当するとされる角画素密度60ppdを目指したいという。

 さらに、マイクロOLEDパネルのコントラスト比が高いため、VRHMDとして初めてHDR(HDR10、HLG)規格に対応した。映像の暗い部分の階調や、金色の輝きなどがきれいに表現できるようになり、より鮮明に映像が見えるようになった(図4)。

図4 網目感はなく、小さな文字も判読可能
図4 網目感はなく、小さな文字も判読可能
8K/HDR映像を再生させてレンズ越しに撮影。
[画像のクリックで拡大表示]

 実は、音にもこだわりがある。同社のイヤホンブランド「Technics」の技術を用いた専用イヤホンを搭載。同等製品は13万円以上の高級品だとする。「音と映像は両輪の関係。どちらも良くすればより臨場感が増す。ホームシアターのように、映像に合わせて音質も良くしたかった」(パナソニック アプライアンス社 技術本部 デジタルトランスフォーメーション開発センター メディアアライアンス室 次世代AVアライアンス担当部長の柏木吉一郎氏)。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料