全1308文字
PR

 トヨタ自動車は2020年2月17日、中国にある完成車工場の一部で生産を再開した。四川一汽豊田汽車の吉林省長春市にある工場と、広汽豊田汽車の広東省広州市の工場の2工場。2019年末に中国湖北省武漢市で発生した、深刻な肺炎をもたらし得る新型コロナウイルスの感染者(以下、新型肺炎)の拡大で世界のビジネスに影響が出始めているが、「従業員の安全・安心を今週は十分に確保できると分かった」(トヨタ自動車)ため、2つの工場の再稼働を決定した。ただし、通常は2直稼働だが、1直で稼働している状況だという。

 同社は中国に完成車工場を4つ持つ。残りの2工場のうち、天津一汽豊田汽車の天津市の工場は、同年2月18日から生産を再開する計画。残る四川一汽豊田汽車の四川省成都市にある工場は、同月24日以降の生産再開を目指す。

トヨタ自動車の広州市の工場
[画像のクリックで拡大表示]
トヨタ自動車の広州市の工場
2020年2月17日に通常の生産台数の半分程度ながら稼働を再開した。(出所:トヨタ自動車)

 日本の完成車工場への影響は「足元についてはない。今週は通常通りの稼働を維持できる」(同社)。ただし、中国の部品メーカーの生産停止に加えて、物流が散発的に止まるなどの影響があるため、今後の部品供給網(サプライチェーン)については精査中だという。

ホンダの武漢3工場は24日の週に生産再開予定

 ホンダと日産自動車も2020年2月17日以降に中国工場の一部の生産を再開する計画だが、両社によれば同日11時現在、再稼働の確認は取れていない。

 ホンダは、武漢市に3つの完成車工場(第1~3工場)を持つ。中国政府の方針を踏まえつつ、同月21日に従業員を出勤させて業務を再開し、生産ラインの改修工場と併せて、生産再開に向けた準備を行う考え。その後、従業員の安全や部品調達の状況を確認し、問題がなければ同月24日の週に生産を再開する予定だ。

 同社は中国に7つの完成車工場を持つ。武漢市の3工場以外の4工場については、同月10日から生産再開に向けた準備をしており、同月17日以降の生産再開を目指す。

 日本工場への影響については、「生産ラインが止まるといった大きな問題は当面出ない」(ホンダ)。

日産自動車は九州工場に影響

 日産自動車は中国に5つの完成車工場を持つ。このうち、2020年2月17日に生産を再開する予定であるのが、花都工場(広東省広州市)と大連工場(遼寧省大連市)と、主に商用車を造る鄭州日産の工場(河南省鄭州市)の3つだ。残る2つの襄陽工場(湖北省襄陽市)と鄭州工場(河南省鄭州市)については、同月20日の稼働を目指す。

 日産自動車の場合、九州にある工場が新型肺炎の影響を受けている。日産自動車九州(福岡県苅田町)は、同月14日と同月17日、同月24日の3日間で生産ラインの一部、もしくは全生産ラインを停止する。加えて、18~21日の4日間については生産調整する計画だ。また、日産車体九州(福岡県苅田町)は、同月15日と同月22日に生産を停止する予定である。

 日産自動車は九州の工場をいわゆる「ジャスト・イン・タイム」で運営している。すなわち、部品の在庫を極力持たずに生産活動を行っている上、地理的に距離が近いこともあって中国製部品を多く採用しているとみられる。そのため、他社に比べて新型肺炎の影響が早く生じた模様だ。