全1251文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 ジャパンディスプレイ(JDI)は2020年2月17日、高精細なVR(Virtual Reality)ヘッドマウントディスプレー(HMD)用のLTPS TFT液晶パネルを開発し、量産を開始したと発表した。画面サイズは2.1型で、解像度は1600×1600画素、1インチ当たりの画素密度(精細度)は1058ppiとする。「現在は中国の大手電機メーカーのVRHMDで採用されている。他のメーカーにも拡販を進めており、今後は100万台まで拡大させたい」(JDIの担当者)。

JDIが開発したVRHMD用のLTPS TFT液晶パネル
JDIが開発したVRHMD用のLTPS TFT液晶パネル
ディスプレーの応答速度は4.5ミリ秒で、リフレッシュレートは120Hz、輝度は430cd/平方メートルである。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 本ディスプレーではVRHMDの小型化を進めるために形状を工夫した。例えば、表示部分の四隅をカットして8角形とした。これにより、HMDにディスプレーが占める面積を少なくできる。「接眼レンズは円形なので四隅までなくても映像は自然に見られる。ディスプレーの角を無くすと鼻当てのスペースを確保しやすくなる」(同社の担当者)。

 薄型レンズを用いた独自の光学設計に対応することでVRHMDの小型化を図った。例えば、本ディスプレーを搭載した市販製品では、倍率が約10倍の薄型パンケーキレンズを使用しており、接眼レンズからディスプレーまでの距離を大幅に小さくできたという。

 視野角の大きさは製品化した際の光学設計で変わるが、例えば本ディスプレーを搭載した市販製品では約90度だという。角度1度当たりの画素数(角画素密度)は「20ppd前後になる」(同社の担当者)。既存の主なVRHMD製品(約13ppd)よりも、映像を細かく見られるようになる。

ディスプレーの形状は8角形
ディスプレーの形状は8角形
細かい文字も読みやすい。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]