全3538文字
PR

 ローソンは2020年夏にも「レジ無し店」を都内に一般公開する。前段階として富士通の開発拠点「新川崎テクノロジースクエア」内に小型店舗を設置し、実証実験を始める。2020年2月18日の発表会で実験店を取材すると、近未来のコンビニの限界と可能性が見えてきた。

富士通のSEなど3000人が試す

 実験店は2020年2月26日から5月25日までの3カ月間オープンする。客は同拠点で働く富士通グループの従業員約3000人に限定し、商品数も通常店より少ない250アイテムに限るものの、実際に商品を購入できる点は一般店舗と変わらない。

 「レジに並ばずに済む分、スムーズに購入してもらえるはずだ。利用者の声をアンケートで集約するほか、システム面での課題を洗い出したり売り上げの推移を見たりして一般公開につなげたい」。ローソンの牧野国嗣理事執行役員オープン・イノベーションセンター長は実験店にこう期待を寄せる。

 レジ無し店の利用方法はこうだ。客はあらかじめ専用のスマホアプリに利用者情報やクレジットカード番号を登録する。入店時にはスマホアプリでQRコードを表示して、入り口のゲートの読み取り部にかざす。認証が通ればゲートが開いて店に入れる。

ローソンの「レジ無し店」の入店ゲート、スマホアプリのQRコードで認証する
ローソンの「レジ無し店」の入店ゲート、スマホアプリのQRコードで認証する
[画像のクリックで拡大表示]

 その後は、欲しい商品を手にして退店するだけ。客が商品を店外に持ち出すと「購入した」と見なされ、スマホアプリに登録したクレジットカードで決済される。米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)が運営するレジ無し店「Amazon Go(アマゾンゴー)」によく似ている。

 決済が完了すると、アプリにレシートが表示される。アプリには「レシート誤り申告」機能もある。万一、商品や金額が間違っていたときに修正したり取り消したりできる。

スマホを持たずに入店・買い物ができるわけ

 レジ無し店を実現する中核技術は「どの客がどの商品を手に取って退店したか」を判断するAI(人工知能)システムである。ローソンは米ブイコグニションテクノロジーズ(VCOGNITION TECHNOLOGIES)の「Zippin(ジッピン)」というAIシステムを採用した。

 Zippinは店舗の天井に設置した複数のカメラと商品棚に設置した重量センサーを使って、商品と客の動きを捉える。実験店では、23.2平方メートルの敷地に対して28個のカメラを設置した。

天井に設置した28個のカメラ
天井に設置した28個のカメラ
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニークなのは店員の動きもZippinで捕捉している点だ。店員はスタッフ専用のIDで認証して入店するため、Zippinが店員かどうかを識別できるわけだ。店員が棚に商品を置くと、Zippinは「補充」と認識し、システム上で商品棚の在庫数を自動で増やす。

重量センサーを搭載する商品棚
重量センサーを搭載する商品棚
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、客の認証と決済を受け持つのは専用スマホアプリである。こちらはローソン子会社のローソンデジタルイノベーションが開発した。

 実験店では入店時の認証に、手のひら静脈と顔情報による認証技術「マルチ生体認証」も使えるようにする。マルチ生体認証は富士通研究所が開発した。

 手のひら静脈と顔の情報を、スマホアプリのIDとひも付けて登録しておくと、客の手と顔がスマホの代わりになる。これでスマホも財布も持たず、完全に手ぶらで買い物できるようになるわけだ。

富士通研究所が開発した「マルチ生体認証」
富士通研究所が開発した「マルチ生体認証」
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料