全2604文字
PR

 フランス・ダッソーシステムズ(Dassault Systemes)社は、米国ナッシュビルで開催したイベント「3DEXPERIENCE WORLD 2020」(2020年2月9~12日)で、同社のクラウド「3DEXPERIENCEプラットフォーム」で動く設計ツール群「3DEXPERIENCE WORKS」に、3D-CAD「SOLIDWORKS」を組み込む仕組みについて明らかにした(関連記事)。SOLIDWORKSは、3DEXPERIENCE WORKSにおいては「3DEXPERIENCE SOLIDWORKSスタンダード」「同プロフェッショナル」「同プレミアム」という名称になる(まとめて以下クラウド版SOLIDWORKSという)。クラウド版SOLIDWORKSは通常版SOLIDWORKS(以下デスクトップ版SOLIDWORKSという)と機能は同じだが、ファイルを3DEXPERIENCEプラットフォームに書き込む前提である点が異なる。

図1 3DEXPERIENCE WORKSのソフトウェア構成
図1 3DEXPERIENCE WORKSのソフトウェア構成
クラウド(3DEXPERIENCEプラットフォーム)で動くアプリ群とクラウド版SOLIDWORKSを連動させる。クラウド版SOLIDWORKSは、実際にはユーザー手元のPCで動作する。データファイルをクラウドに置く他、他のアプリとの連動のためデータを変換する。デスクトップ版のSOLIDWORKSも「コネクター(ソフト)があり、それを使えば3DEXPERIENCEプラットフォームに接続できる」(セリエン氏)。(ダッソー・システムズへの取材を基に日経クロステックが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

SOLIDWORKSとアプリ、CATIAも連動

 3DEXPERIENCEプラットフォームは、3Dモデルに限らずデータを一元的に集中管理し、アプリに対してデータを供給する(図1)。これにより、1つのアプリで作成したデータは、他の全アプリが共有できるようになる。クラウド版SOLIDWORKSと、CADアプリ「xDesign」、「xShape」などの間でもデータ共有を可能とする。

 例えばユーザーが、クラウド版SOLIDWORKSで作成した内部機構モデルに合わせてxShapeで曲面形状のカバーを追加したいとする。クラウド版SOLIDWORKSでは、内部機構のデータをxShapeで扱えるようにするため、データを変換した上で3DEXPERIENCEプラットフォームのデータベースに書き込む。xShapeではこのデータを基にカバーのモデルを作成する。

 その後、内部機構に変更があって形が変われば、曲面カバーも形状を修正する必要が生じるが、プラットフォームによりこの過程を支援できる。内部機構モデルに対するクラウド版SOLIDWORKSでの変形結果は、自動的にxShapeに伝わる。xShape側ではその変化に応じて、曲面カバーを変形したり、自動で変形させたりできる。

 ただしxShape側で内部機構の形状を変更する運用は想定していない。「ある形状を修正するのはその部分を作成したアプリに限る」というルールを前提にしている。従って上記とは逆に、xShapeで作成した曲面形状の内側にクラウド版SOLIDWORKSでリブやボスを立てた場合、あとで曲面形状を変更する際はクラウド版SOLIDWORKSで曲面を編集するのではなく、xShapeで曲面形状を変更してSOLIDWORKS側に自動反映させる運用になる。

 この場合の形状情報の変換機能は「クラウド側のサービスではなく、デスクトップ側に実装している」〔同社SOLIDWORKS製品ポートフォリオ管理担当ディレクターのステファン・エンダースビー(Stephen Endersby氏)〕。クラウド版SOLIDWORKSが普通にファイルを保存するときは、変換は実施せず「形状情報はSOLIDWORKSのモデリング・カーネルである『Parasolid』の形式。それはデスクトップ版と同じで、変えていない」〔同社シニア製品ポートフォリオマネージャーのクレイグ・セリエン(Craig Therrien)氏〕。他のアプリとの連動の際に、3DEXPERIENCEプラットフォーム固有の形状データ(CATIAの形状データと同等)にしていると見られる。

 このような仕組みで、3DEXPERIENCEプラットフォームでは様々なアプリの機能を連動して使えるようにしている。ダッソー・システムズは3DEXPERIENCE WORLDのキーノート講演において、SOLIDWORKSの3Dモデルを基に、3D-CAD「CATIA」の電気設計機能で配線を検討する様子も見せた(図2)。

図2 SOLIDWORKSとCATIAの連動
[画像のクリックで拡大表示]
図2 SOLIDWORKSとCATIAの連動
[画像のクリックで拡大表示]
図2 SOLIDWORKSとCATIAの連動
クラウド版SOLIDWORKSのデータ(左)を基に、CATIAの電気設計機能で電気配線を検討している様子(右)。(ダッソー・システムズによる講演の画面を日経クロステックが撮影)

 プラットフォームに基本的なデータ管理機能が組み込まれている点、セキュリティーは防衛産業向け並みに確保している点も利点、とダッソー・システムズは説明している。「バージョンアップの作業も不要になり、全てのユーザーがクラウド上の最新バージョンを使うから、協力企業間などでバージョンの違いでデータを送りにくいといった事態もなくせる」(セリエン氏)という。