全3557文字

 新型コロナウイルスの影響が世界中に広がっている。自動車業界も例外ではない。中国を中心としたサプライチェーン(供給網)の停止や、経済停滞による自動車販売へのブレーキなど、メーカーの業績に大きな影響を与えている。

 悪影響は足元だけのことではない。2020年の後半、さらには2021年以降に販売される自動車にも響きそうだ。その理由は、自動車メーカーが大々的にユーザーにアピールするモーターショーの機会が奪われたことにある。

 例えば、2020年4月21日に開幕する予定だった北京モーターショー(Beijing International Automotive Exhibition 2020)は、2020年2月17日に延期することを発表。世界最大の自動車市場である中国でのショーだけに、自動車メーカーにとっては大きな痛手だ。

 それ以上に影響が心配されるのが、2020年3月5日からの開催を予定していた「ジュネーブモーターショー2020(Geneva International Motor Show)」の中止だ(図1)。欧州での大きなショーであっただけでなく、各社とも、このジュネーブショーで世界初公開となる車種を用意していたからだ。2021年の販売に向けての新型車のお披露目となるはずだった(図2)。

図1 ジュネーブモーターショー2020は開催直前に中止を決定
図1 ジュネーブモーターショー2020は開催直前に中止を決定
ショーの幕開けとなる「European Car of the Year」の発表会を予定していた2020年3月2日のわずか3日前、2020年2月28日に主催者が中止を決定。スイス政府の命令を受けたものだった。(出所:Geneva International Motor Show)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 準備が進められていたジュネーブモーターショー2020の会場の様子
図2 準備が進められていたジュネーブモーターショー2020の会場の様子
(出所:Geneva International Motor Show)
[画像のクリックで拡大表示]

 それだけに、ジュネーブショーの開催は多くのステークホルダーが強く希望し、開催日ぎりぎりまで主催者側の判断が揺れていたようだ。主催者が中止を発表したのは、ショーの幕開けとなる「European Car of the Year」の発表会を予定していた2020年3月2日のわずか3日前、2020年2月28日のこと。その2日前に当たる2020年2月26日には「予定通り開催する」と関係各社に通達していた。まさに、中止の決定は急転直下の出来事だった。

 このドタバタ劇について、ある大手自動車メーカーの関係者は「さまざまなステークホルダーから主催者に対して、開催を促すプレッシャーをかけていたのではないか」と語る。だとすると、このプレッシャーは相当大きなものだっただろう。結局、スイス政府が2020年2月28日に発表した「1000人を超えるイベントの開催を3月15日まで禁止する」といった命令を受けて主催者側がジュネーブショーの中止を決定したわけだが、もしかしたら、この政府の命令に主催者は救われたのかもしれない。