全1322文字

 清水建設は、トンネル工事の現場で導入している「重機接触災害リスク低減システム」が2020年3月2日に最先端の安全技術認証である「Safety2.0 適合基準レベルⅠ」を取得したことを明らかにした(図1)。同技術認証は、人と機械が共存する作業環境において、ICT(情報通信技術)などを用いて安全を確保する技術方策に対して与えられるもので、セーフティグローバル推進機構(IGSAP)が発行する。建設分野の施工システムにおける技術認証の取得は、同社が初めてとなる。

図1 「重機接触災害リスク低減システム」
図1 「重機接触災害リスク低減システム」
国土交通省が発注者である、熊本県の熊本57号滝室坂トンネル西新設(一期)工事の現場で導入している。作業員と重機の位置情報を管理し、危険と判断すると、光や音で警告しリスクを回避する。建設施工では、初めてのSafety2.0適合の認証取得となる。(資料:清水建設)
[画像のクリックで拡大表示]

 重機接触災害リスク低減システムを導入しているのは、熊本県で現在施工中の「熊本57号滝室坂トンネル西新設(一期)工事」の現場である。作業者と重機などの機械が接触する可能性が生じると、それをリスク情報として認識し、警告照明機器からの高照度の光と大音量の警告音によって周囲に知らせる。かかるリスク情報に気付いた作業員は、高照度の光の発報が続く間、作業を中止してリスクを回避する。同システムを活用している作業は現在のところ、「ずり出し」と呼ばれる、切羽付近で実施する、掘削した土砂の搬出である。

 Safety2.0 適合基準レベルⅠの取得には、[1]ヒト・モノ・環境などの各構成要素を情報でつないでいる、[2]リスク関連情報をモニタリングし発信している、[3]リスク関連情報を受けたら自律的、あるいは他律的な制御によりリスクを低減している、という3つの要件を満たす必要がある。重機接触災害リスク低減システムの場合には、ICタグなどを利用して実施する、作業者と重機の位置情報管理や重機に取り付けた「重機周囲監視カメラシステム」による周囲監視が[1]と[2]に、警告照明機器制御による光や音の発報が[3]に該当する。

 今回の技術認証の取得に伴い、2020年3月5日には清水建設において「Safety2.0適合証明書」の授与式が開催された(図2)。IGSAPの会長で、安全の第一人者である明治大学名誉教授の向殿政男氏から、同社常務執行役員の河田孝志氏に同証明書を授与。向殿氏は、「これまで人の注意力に頼っていた安全から、ICTなどの最新技術を用いた安全へと、安全のレベルを一気に高めることに成功した、画期的な事例として、世界的にも極めてインパクトがある」と評価した。なお、Safety2.0の技術認証取得としては、今回の清水建設は、NIPPOの「自動停止装置を備えたタイヤローラ、ホイルローダ」、あるメーカーの「協働ロボット及び静電容量式ANSHIN Sensorを使用したロボットシステム」、IDECの「ウエアラブルストップスイッチを使用したアシストE-STOPコンポーネント」に続く4事例目となる。

図2 Safety2.0適合証明書の授与式の様子
図2 Safety2.0適合証明書の授与式の様子
右がIGSAP会長の向殿政男氏、左が清水建設常務執行役員の河田孝志氏。二人が手にするのが、「Safety2.0適合証明書」。(写真:新関雅士、提供:IGSAP)
[画像のクリックで拡大表示]

 清水建設では現在、ロボット技術や建設機械・重機の自動運転技術に、人(作業員)・モノ(建機・重機)・作業環境に関する情報を共有するICTを融合することにより、トンネル施工の生産性と安全性を同時に高める「シミズ・スマート・トンネル」の構築を進めている。その実現には「人と機械の協調安全が必要不可欠」(河田氏)とし、今後、主要構成要素について「Safety2.0適合」の認証取得を進めていく考えだ。