全1656文字

 2020年3月下旬からいよいよ通信大手が5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスを開始する。高速・大容量という利点を生かした映像サービスに注目が集まるなか、「低遅延」の特徴も生かせる使い道として期待されているのが建設機械の遠隔操作だ。KDDIと大林組、NECの3社は、5Gを使った建機3台の遠隔操作と1台の自動運転の同時連携で、道路造成工事の実証試験にこのほど成功した。

 3社は2020年2月3日~14日に、大林組などが建設している川上ダム(三重県伊賀市)の現場の一部を借りて実証試験に取り組んだ。ここでは幅15~25メートル、長さ40メートルにわたって路盤までの道路を造成。掘削・積み込みを担う油圧ショベルと運搬・荷卸し用のクローラーキャリア、敷きならしに使うブルドーザーの3台を遠隔操作しつつ、振動ローラーを自動運転で動かした。

実証試験の全体像
実証試験の全体像
(出所:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]
掘削した土砂を積み込む油圧ショベル(写真右)と、その土を敷きならし範囲まで運ぶクローラーキャリア(写真左)。いずれも遠隔操作で動かした
掘削した土砂を積み込む油圧ショベル(写真右)と、その土を敷きならし範囲まで運ぶクローラーキャリア(写真左)。いずれも遠隔操作で動かした
(出所:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]
遠隔操作で敷きならすブルドーザー(写真右)と、自動運転で転圧する振動ローラー(写真左)
遠隔操作で敷きならすブルドーザー(写真右)と、自動運転で転圧する振動ローラー(写真左)
(出所:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 遠隔操作する3台の建機にはそれぞれ、前方映像用の2Kカメラを3台、全方位の映像を確認する1.2Kカメラを1台装備した。加えて、現場には各建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kのカメラ8台と、現場全体を俯瞰する4Kの3Dカメラ1台を設置。全ての映像は5G基地局を経由して、現場から500メートルほど離れた場所にある遠隔施工管理室にリアルタイムで伝送。それらを基にオペレーターが遠隔操作した。

遠隔施工管理室で、複数台のカメラの映像を同時に伝送して、遠隔操作する様子。オペレーターは4台の建機にそれぞれ据え付けた前方映像用の2Kカメラ3台と、全方位の映像を確認する1.2Kカメラ1台、建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kのカメラ2台から伝送される映像を見ながら操作した
遠隔施工管理室で、複数台のカメラの映像を同時に伝送して、遠隔操作する様子。オペレーターは4台の建機にそれぞれ据え付けた前方映像用の2Kカメラ3台と、全方位の映像を確認する1.2Kカメラ1台、建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kのカメラ2台から伝送される映像を見ながら操作した
(出所:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料