全1304文字
PR

 山手線の約50年の新駅「高輪ゲートウェイ駅」が2020年3月14日に開業した。新駅を一目見ようと駅構内はカメラやスマホを持った人であふれかえっている。

 そんな中で、特に人だかりができていたのが、外から改札を抜けてすぐ左側のエリア。ここは店員がいないことで話題のコンビニ「TOUCH TO GO」の店舗だ。2020年3月23日の正式オープンに先駆け、一足早く体験してきた。

高輪ゲートウェイ駅構内の改札付近。右手に見えるのが無人コンビニ「TOUCH TO GO」の店舗
高輪ゲートウェイ駅構内の改札付近。右手に見えるのが無人コンビニ「TOUCH TO GO」の店舗
[画像のクリックで拡大表示]
「TOUCH TO GO」の外観
「TOUCH TO GO」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

同時入店は7~10人

 店舗面積は約60平方メートルで、駅ナカにあるコンビニより少し広い。店舗の自動ドアが開いてまず気づくのは入場ゲートがあることだ。店舗を運営するTOUCH TO GO社の阿久津智紀社長が「同時に入店できる人数をここで調整するため」と説明してくれた。大人数だと誰が何を買ったのかが正しく判断できない可能性があり、現状だと「7~10人ほどが同時入店可能な人数」(阿久津社長)という。

入り口にあるゲート。同時入店できる人数を調整している
入り口にあるゲート。同時入店できる人数を調整している
[画像のクリックで拡大表示]
天井に設置した50台のAIカメラで人と商品を捕捉する
天井に設置した50台のAIカメラで人と商品を捕捉する
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲートをくぐって次に気づくのは天井に据え付けられたカメラの多さだ。50台のAI(人工知能)カメラで、入店者とその人が手に取った商品を認識する。カメラの位置を見ると、どの場所でも複数台のカメラがこちらを向いているように配置されている。「商品の手に取り方は人によって違う。どの角度でも正しく認識できるように複数の動画から判定している」(阿久津社長)。