全1347文字
PR

 「真剣に考えなければいけないが、深刻には考えないようにしている」――。日本自動車工業会(自工会)で会長を務める豊田章男氏(トヨタ自動車社長)は2020年3月19日に記者会見を開き、世界的に大流行している新型コロナウイルスの現状への受け止めを語った(図1)。

図1 日本自動車工業会の豊田章男会長
図1 日本自動車工業会の豊田章男会長
2020年3月19日に記者会見を開き、新型コロナウイルスの影響について語った。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスを巡っては、自動車業界でも大きな影響が出始めている。世界の自動車メーカーが工場での生産を停止。新車販売は落ち込み、例えば中国では2020年2月の新車販売台数が「(前年同月比で)80%も減少した」(豊田氏)という。

 厳しい状況ではあるものの、豊田氏は会見で「あえて前向きな言葉を使い、改革を一気に進めていく時と捉えたい」と述べた。同氏の考えはこうだ。

 「世の中にはコントロールできるものとできないものがある。比率で言えば、そのほとんどがコントロールできないものばかり。コントロールできないものを深刻に考えれば、人はネガティブになってしまう。ネガティブの連鎖は物事を悪くするばかり。深刻にはならず、まずはコントロールできる範囲のことを真剣にやっていくのがよい」

将来の変化に向けた準備期間に

 現在取り組むべきこととして、豊田氏はいくつかの実例を挙げた。1つは将来の変化に向けた準備である。新型コロナウイルスの影響もあり移動の自由が制限される中、「モビリティーの役割が都市部と過疎地でずいぶんと違うことを、現実として考えられる機会になる」(同氏)と位置付けた。

 販売面では、店舗での販売からインターネットへの切り替えが加速する可能性があるという。多くの消費財がネット販売されるようになる中で「クルマはまだそこまではならないとどこかで思っていた」(同氏)が、変革の機運が一気に高まった。

 働き方改革も、今回の新型コロナウイルスの大流行を機に「待ったなしで実行していかなければならない状況になってきた」(同氏)。自宅などの社外で仕事する「テレワーク」は「生産現場では難しい」(同氏)としながらも、間接部門を中心に取り組んでいるとする。