全1266文字
PR

 日産自動車は2020年3月13日、インターネット経由で新車を注文できるサービス「ClickMobi(クリックモビ)」を、北海道・札幌地区で本格的に開始した。

 同サービスでは、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で新車を注文して契約し、月額一定の料金を支払えば購入・利用できる。月額料金の中には、車両価格や自賠責保険、税金、点検・車検費用などが含まれる。

 納車時には、注文したクルマを自宅に届けてくれる。電気自動車(EV)とシリーズハイブリッド機構「e-POWER」搭載車に限定したカーシェアリングサービス「e-シェアモビ」を利用すると、契約前に試乗できる(図1)。

クリックモビ
図1 日産自動車の定額制サービス「クリックモビ」
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 日産は今回のサービスで、新車の購入検討から試乗、契約、納車までの新しいクルマの買い方を提案した。札幌地区での利用状況や顧客の要望に応じて、対象車種や地域を拡充していく計画である。

 さらに、同社は今回のサービスによって、外出や人混みを控える生活環境であっても、自宅でクルマを注文できる体制を整えた。新型コロナウイルスによる肺炎(新型コロナ)の感染が世界的に拡大する中で、他社も追従する可能性がある。

 日本自動車工業会(自工会)会長の豊田章男氏(トヨタ自動車社長)も2020年3月19日に開いた定例会見で、新車販売に与える新型コロナの影響に触れ、「店舗での販売からインターネットへの切り替えが加速する可能性がある」とした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料