全1593文字
PR

 人工知能(AI)が運転特性を分析し、安全運転のドライバーには保険料を最大30%キャッシュバック――。ソニー損害保険は2020年3月18日、ソニーグループが持つテクノロジーを駆使した新たな自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」の販売を始めた。

 GOOD DRIVEの特徴はスマートフォンのアプリで計測した運転特性のデータからAIがドライバーの事故リスクを推定する点だ。「算出された事故リスクはドライバーにフィードバックし、安全運転の意識を高めてもらい事故を減らす」。ソニー損害保険の石井英介マーケティング部門ダイレクトマーケティング部部長は、こう狙いを説明する。

ソニー損害保険の石井英介マーケティング部門ダイレクトマーケティング部部長
ソニー損害保険の石井英介マーケティング部門ダイレクトマーケティング部部長
[画像のクリックで拡大表示]

 ITを使い走行距離や運転特性から保険料を割り引く仕組みは「テレマティクス保険」と呼ばれる。国内で大手損保会社が販売を始めており、ここ数年で徐々に普及しつつある。

 GOOD DRIVEの特徴はスマホ1つでハンドルの切り方やブレーキのかけ方などドライバーの運転特性を可視化できるようにした点だ。従来のテレマティクス保険は専用のドライブレコーダーを設置する必要があるなど、提供する保険会社側のコスト負担が課題だった。

 「誰もが持つスマホで運転特性を正確に把握できるのは、ソニーグループならではの強みだ」。GOOD DRIVEの開発に携わったソニーのR&Dセンター知的アプリケーション技術開発部2課の古川亮介氏は自信を見せる。

ソニーのR&Dセンター知的アプリケーション技術開発部2課の古川亮介氏
ソニーのR&Dセンター知的アプリケーション技術開発部2課の古川亮介氏
[画像のクリックで拡大表示]