全1514文字
PR

 米アップル(Apple)は2020年3月25日に、新型iPad Proを投入した(関連記事)。最大の特徴は、背面カメラ部に同社が “LiDARスキャナー”と呼ぶ、深度センサーを備えたことである(写真1)。

写真1 新型iPad Proの外観
写真1 新型iPad Proの外観
(写真:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型iPad Proの深度センサーは、背面のカメラモジュールにある(写真2)。iPhone 11 Proでは、望遠、広角、超広角という3つのカメラを備えたが、新型のiPad Proではカメラを広角と超広角の2つにとどめ、望遠カメラの代わりに、深度センサーを搭載した。屋内および屋外で5mの距離までの物体の深度情報を取得できるという。

写真2 背面カメラに深度センサー
写真2 背面カメラに深度センサー
左の2つが広角および超広角カメラで、右側の大きな黒い円形部分に“LiDARスキャナー”を搭載する。(写真:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 この深度センサーによって可能になったのが、リアルなAR(拡張現実)の実現である。アップルはこれまでも、AR用にツールキットを用意してきたが、空間の把握は画像認識によるものだった。空間的に広がる床の位置は認識できるものの、床の上に置かれた物体などの位置を認識することは苦手だった。例えば、床の上に置かれた椅子の後ろにCGの物体を置いたつもりでも、椅子の前にあるように表示されたりする。今回の空間認識センサーによって、物体の空間的な位置を把握できるので、CGが物体の後ろにあれば隠れるようになる(写真3)。

写真3  LiDARスキャナーの効果
写真3  LiDARスキャナーの効果
左が2018年に発売したiPad Pro、右が今回の新型iPad Proである。棚の上にCGの蓄音機を置いて比較した。2018年版のiPad Proでは、本来空間的には手前にあるはずの手が蓄音機の後ろにいっていたり、セロハンテープ台の上に画像がかぶさったりしているが、新型のiPad Proでは、蓄音機が手で隠れ、セロハンテープ台の後ろに配置されている。(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 物体の長さや角度も画像認識よりも正確に取得できるようになる。この機能を使って例えば、正確な理学療法指導に使えるようになるという(写真4)。

写真4 理学療法に向けたアプリの例
写真4 理学療法に向けたアプリの例
(写真:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]