全1238文字
PR

 ソフトウェアクレイドル(東京・品川)開発部の入江智洋氏は、同社製流体解析ツール「scFLOW」でくしゃみの様子を解析した。[1]口元を全くカバーしない場合と、[2]肘で口元をカバーした場合、[3]マスクを着用した場合を比較して計算。マスクには計算上は圧力損失(抵抗)効果のみを設定し、ウイルスを捕捉する効果を持たせなかったが、ウイルスの飛距離を大幅に削減できる結果を得た。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を機に計算した。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料
IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

IT/電機/自動車/建設/不動産の編集記者を募集します

“特等席”から未来づくりの最前線を追う仕事です

あなたの専門知識や経験を生かして、「日経クロステック」の記事や書籍の企画、取材・執筆・編集を担う編集記者(正社員)にトライしませんか。編集の経験は問いません。コミュニケーション能力が高く、企画力や実行力があり、好奇心旺盛な方を求めています。

詳しい情報を見る