全784文字

 電車やバス、タクシー、カーシェアリング、配車サービス、レンタル自転車など複数の交通事業者が関わるMaaS(Mobility as a Service)――。利用者の希望する目的地に応じて、最適な経路や推奨する交通機関・サービス、所要時間、料金などを提示し、予約から決済までの手続きを提供する。

 そうした複数の交通事業者が関わるMaaSを展開する上で、必要となるのが、交通に関するデータの匿名化と共有だ。ソニーは、ブロックチェーン技術を活用し、それを可能とする共通データベース基盤「ブロックチェーン・コモン・データベース(BCDB)」を開発した。利用者を匿名化した1日当たり700万件以上の移動履歴と収益配分の記録と共有が可能という。

 ブロックチェーン技術は、プログラムや情報の破壊・改ざんが困難なネットワークを作って、データや権利情報を複数の事業体で共有し管理するのに適するとされる。BCDBでは、複数の交通事業者間でブロックチェーンの分散台帳に情報を記録・共有することで、信頼性と透明性を有した情報の活用とサービスへの展開を可能とした。

 同社によれば、BCDBの実証試験も実施済みだ。オランダ・インフラ水管理省が2019年に公募したMaaSのプログラム「ブロックチェーン・チャレンジ・プログラム」に参画し、2020年3月末まで実証試験を実施したとする。同プログラムへの参加者の中で、同省の要求仕様に対応できたのは、ソニーのBCDBだけだったとしている。