全2925文字
PR

導入済みのクラウド情報管理システムを活用

 リモートワークに役立ったもう1つの仕組みが、ITシステムだ。クリエイティブ ワークスは既に、クラウドの情報管理システム「CONTEXER(コンテキサー)」を導入していた。法政大学デザイン工学部システムデザイン学科教授の西岡靖之氏(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ理事長)が開発したソフトウエアだ。故に、事務作業や現場作業の管理は、コロナ騒ぎ以前からリモートで可能になっていた。

クラウドベースのシステム「CONTEXER」による「板金まるごと管理」管理画面
クラウドベースのシステム「CONTEXER」による「板金まるごと管理」管理画面
(出所:クリエイティブ ワークス)
[画像のクリックで拡大表示]

 「当社のような少人数の小さな町工場には、ITなんか必要ないと言われがち。しかし、規模が小さいからこそ、他の町工場とつながって協業で仕事の幅を広げていくべきだ、もっと積極的にITや通信技術を現場に取り入れていこう、と考えていた」(宮本氏)。

打ち合わせはWeb会議サービスで

 市原氏は朝の業務開始時に、まずWeb会議サービスを利用して宮本氏と打ち合わせる。そこで1日の作業予定や課題について話すようにした。

 作業を始めると、その様子は溶接キットのカメラを通してクリエイティブ ワークスから見られる。宮本氏は必要に応じて市原氏の作業を見守り、Web会議サービスを経由して指示やアドバイスなどを伝える。

工場からリモートで作業を見守る仕組み
工場からリモートで作業を見守る仕組み
(出所:クリエイティブ ワークス)
[画像のクリックで拡大表示]

 作業の進捗は逐一、市原氏がCONTEXERに入力し、宮本氏が確認する。これにより、作業依頼と進捗・成果を管理する。「怠けていないか、サボっていないか」などと勤怠や在席時間を四六時中厳しく監視するといった「ナンセンスなことはしていない」(宮本氏)。

CONTEXERでの作業管理画面
CONTEXERでの作業管理画面
(出所:クリエイティブ ワークス)
[画像のクリックで拡大表示]
溶接職人の市原氏がリモートワークで作業する様子
溶接職人の市原氏がリモートワークで作業する様子
(出所:クリエイティブ ワークス)
[画像のクリックで拡大表示]

 この記事の取材時点では、市原氏がリモートワークを開始して3営業日目だった。市原氏は「今のところは、特に大きな問題は出ていないし、ストレスもない」と話す。宮本氏も同様の感想だ。とはいえ、もう少し稼働が続くといくつか課題も出てくるはず。次回以降、リポートしたい。

(第2回に続く)