全924文字
PR

 フィッシング詐欺が急増している。業界団体のフィッシング対策協議会によれば、2020年4月中に寄せられたフィッシング詐欺の報告件数は前月より1974件増加して1万1645件に達した。新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピングのブランド名をかたる詐欺が増えたためだと考えられる。

フィッシングサイトのURL件数も過去1年で最多に

 フィッシング詐欺とは、偽のメールなどを一般の利用者に送って偽サイトに誘導し、ログインパスワードやクレジットカード番号などを入力させるネット詐欺である。

フィッシング詐欺の概要
フィッシング詐欺の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 最新情報を2020年5月1日に発表した。フィッシング対策協議会への報告件数は2019年12月から2020年1月にかけて一時減ったものの、その後増加を続けて2020年4月には1万件を突破した。

フィッシング詐欺(偽メールやフィッシングサイト)に関する報告件数の推移
フィッシング詐欺(偽メールやフィッシングサイト)に関する報告件数の推移
(出所:フィッシング対策協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 フィッシングサイトのURLも4283件確認され、ここ1年で最多となった。

フィッシングサイトのURLの報告件数推移
フィッシングサイトのURLの報告件数推移
(出所:フィッシング対策協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、フィッシング詐欺に悪用されたブランド名(サービス名や企業名など)はそれほど変化がなかった。

フィッシングに悪用されたブランドの件数(海外含む)
フィッシングに悪用されたブランドの件数(海外含む)
(出所:フィッシング対策協議会)
[画像のクリックで拡大表示]