全1838文字
PR

  SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)などで使うクラウド基盤の自社開発をやめ、世界規模で展開するパブリッククラウドサービスの提供基盤そのものを自社データセンター(DC)に引き込んで使う――。野村総合研究所(NRI)が自社クラウドのアーキテクチャーを大きく転換しようとしている。これまでにない動きといえる。

発端はエンジニア不足

 NRIが白羽の矢を立てたのが、米オラクル(Oracle)のパブリッククラウド「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」だ。IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)とPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)のレイヤーを提供するクラウドサービスである。

 NRIは2020年の第2四半期(7~9月)にNRIのDCでOCIを使い始める計画だ。OCIを提供するシステムのアップデートや運用はオラクルが担当する。オラクルによると、顧客DCにOCIの提供基盤を構築する利用方法はNRIが世界初という。

NRIのクラウドサービスを説明するWebページ
NRIのクラウドサービスを説明するWebページ
(出所:野村総合研究所)

 NRIは自社のSaaSといったクラウド基盤にOCIを使う。OCIを自社DCに取り込んだ理由について、NRIの竹本具城常務執行役員は「顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのシフトが進むなか、当社でもITエンジニアの確保が課題になっている。クラウド基盤の運用は外部に任せ、運用に当たっていたITエンジニアをDX関連に振り向けるため」と明かす。

 NRIのクラウドサービスを使う顧客にはどんなメリットがあるのか。まずNRIと顧客との契約やサービス提供内容などはこれまで通りで何も変わらない。OCIの取り込みにより「通常のパブリッククラウドを自社SaaS基盤として使う場合よりも顧客に対して一段と説明責任を果たせるようになる」(竹本常務執行役員)。

 不特定多数のユーザーが使うパブリッククラウドで障害が発生した場合、一般にはユーザーが対策できる範囲は限られ、復旧を待つしかない。障害の詳細な原因が知らされず、知らされても説明が遅くなったりする場合が多いからだ。

 この点、「自社のDCでOCIを運用していれば障害発生時の対策を立てやすい」と竹本常務執行役員は話す。金融機関の顧客が多いNRIにとっては、OCIをDC内で運用するとセキュリティーや可用性をコントロールしやすくなる点も評価ポイントだったという。

通常のリージョンと同じサービスを提供

 NRIはOCI一辺倒というわけではない。今後、他のパブリッククラウドも自社のDC内で運用して利用する方向で検討している。具体的には顧客施設で運用できるタイプのパブリッククラウドを検討するとしており、例えば米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services)の「AWS Outposts」や米マイクロソフト(Microsoft)の「Azure Stack」、米グーグル(Google)の「Anthos」がある。

 第1弾としてOCIを選んだのは、「Oracle Databaseを利用している既存サービスが多く、OCIに移行した際によりサービスレベルがアップすると考えた」(竹本常務執行役員)ためだ。キャパシティー管理をはじめとする各種運用はオラクルが担当するため、「当社のDC内でもパブリッククラウドのスケーラビリティーといった利便性を確保できる」(同)点などを評価した。