全2421文字

 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、ワクチンや治療薬の開発にスーパーコンピューターや量子コンピューターを提供する動きが広がっている。日本では「富岳」が稼働を1年前倒しし運用を開始。思いがけない初舞台を迎えた。富士通は「デジタルアニーラ」を6月にも無償提供を始める。米国では米IBMが中心となって産官学共同のコンソーシアムが発足した。

 超高性能コンピューターを活用してワクチンや治療薬の開発、せきによる飛沫の動きのシミュレーションなどを支援する狙いだ。高い演算性能を生かして世界的な危機の克服を目指す。

 「自然災害などの緊急事態への対処は、富岳の開発時点からの狙い。世界的な困難の解決へ実際に貢献できる機会を得られて光栄だ」。理研の松岡聡計算科学研究センター長はこう意気込みを話す。理研はコロナ禍の早期収束への貢献を目指し、富岳の運用を1年前倒しして始めると2020年4月7日に発表した。6月中にも最初の成果を発表する方針だ。

理化学研究所の「富岳」
理化学研究所の「富岳」
(出所:理化学研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 前倒しで運用するのは富岳の一部だけだ。とはいえ、その性能だけでも文部科学省が「HPCI第2階層」と位置づけている国立大学法人や国立研究開発法人所有のスパコン全体の計算能力を上回る。富岳の計算能力は「(前世代機)京の約50~100倍を有している」(松岡センター長)。

 進行中のプロジェクトの一つがシミュレーションによる治療候補薬のスクリーニング(探索)だ。抗ウイルス薬を含めた約2000種の既存薬のウイルスへの結合を網羅的に試験している。今までの富岳以外のスパコンの性能では「箸にも棒にも掛からない」(松岡センター長)ほどの作業だ。

 狙いはウイルスに作用する化学的な構造を明らかにした上で治療薬を見つけ出すことだ。従来も既存薬から治療薬を見つける動きは進んでいたが、治療効果の確認作業は臨床試験が主体。いわば後付けだった。スパコンの力で治療効果をあらかじめ確かめて治療薬を見つけ出そうというわけだ。

松岡センター長は「富岳の開発で最も重視したのは高性能と汎用性の両立だ。今回、急ごしらえにもかかわらず動かせたことで、開発方針が合っていたと示せたのではないか」と語る
松岡センター長は「富岳の開発で最も重視したのは高性能と汎用性の両立だ。今回、急ごしらえにもかかわらず動かせたことで、開発方針が合っていたと示せたのではないか」と語る
(出所:理化学研究所)
[画像のクリックで拡大表示]