全1291文字

 ドイツ・ボッシュ(Bosch)は、車両側方を監視するミリ波レーダーの新世代品を2020年内に投入する。交差点での事故を予防するための緊急自動ブレーキや「レベル2」以上の自動運転などの需要の高まりに対応した。

 同社のADAS(先進運転支援システム)部門の売上高は前年比12%増と好調だが、逆風もある。ホンダはボッシュからADAS用センサーを調達してきたが、20年2月に発売した新型「フィット」でサプライヤーをフランス・ヴァレオ(Valeo)に変更した。ボッシュは、自動車メーカーが直面している「交差点対応」という局面に新センサーを投入することで巻き返しを図る。

 ボッシュ日本法人で社長を務めるクラウス・メーダー(Klaus Meder)氏が、20年6月8日に開いた年次会見で新型センサーの量産計画を明かした(図1)。メーダー氏は、「側方監視用のミリ波レーダー市場は20年から27年にかけて年率15%で成長し、市場規模は2.6倍に拡大する」と読む。

図1 ボッシュ日本法人で社長を務めるクラウス・メーダー氏
図1 ボッシュ日本法人で社長を務めるクラウス・メーダー氏
20年内に新型の側方レーダーを投入する計画を発表した。記者会見はオンラインで実施した。(出所:ボッシュ)
[画像のクリックで拡大表示]

 側方レーダーはこれまで車両の後側方監視用に2個搭載されてきた。今後は、「車両の前後左右4カ所に搭載されていく」(同氏)という。バンパー4隅に側方レーダーを内蔵することで、周囲360度の状況を把握できるようになる。

 側方レーダーの搭載を加速させる最大の理由が、欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuroNCAPへの対応だ。EuroNCAPは、交差点での事故を想定した自動ブレーキ試験を20年に導入する。日本の自動車アセスメントであるJNCAPも同様の試験項目を23年に追加する予定である。