全1562文字
PR

 「上手に歯磨きをしてポケモンを捕まえていくことで、毎日の歯磨きが楽しみになる」(ポケモンの石原恒和社長)――。ポケモンは2020年6月17日に実施した新作発表会で、子供の歯磨きを支援するゲームアプリ「ポケモンスマイル」を発表し、配信を開始した。歯磨きを嫌がる子供でも、ゲームを楽しんでいるうちに歯磨きの習慣が自然と身につくように支援する。

「ポケモンスマイル」(出所:ポケモン)

 ポケモンスマイルは、利用者が適切な速さで歯ブラシを動かすことで、画面に現れる虫歯菌のキャラクターを攻撃して遊ぶアプリ。歯磨きをする姿をスマートフォン(スマホ)やタブレットのカメラで撮影し、顔のパーツの位置や歯ブラシの動きを画像認識させる。ゲーム中は歯ブラシを動かす位置のガイドが表示され、利用者はガイドを参考にしながら歯磨きができる。

 1~3分の設定した時間内に継続してうまく歯磨きができれば、ごほうびとしてポケモンを捕まえられる。登場するポケモンは100匹以上用意しており、収集する楽しみをもたせた。ゲームを続けていくと、カメラで撮影した画面の中の自分にかぶせる「ポケモンキャップ」を集められる。歯磨き途中の写真を撮影して後からデコレーションできたりする機能なども用意した。

 「ポケモンのコンテンツで遊んでいたら、結果的に生活の質(QOL)が向上するようなものを開発できないかと模索していた」と話すのは、ポケモン プラットフォーム戦略部テクニカルディレクターの押野洋介氏だ。同社が既に提供しているゲーム「ポケモンGO」の利用者の中には、ゲームで楽しく遊んだ結果、普段より歩数が増える人もいる。今回のポケモンスマイルで同社は、ゲームを楽しんでいるうちに利用者の歯磨きが習慣化することを目指すというわけだ。