全1576文字
PR

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向け、老朽化した情報システムを刷新するレガシーマイグレーションが企業にとって喫緊の課題になってきている。ただ、老朽化したシステムは一般に開発環境の自動化が行き届いておらず、生産性を高めにくい。加えてレガシーシステムを扱えるエンジニアの高齢化が進むなか、若手エンジニアの確保が難しいという課題もある。

 こうした課題の解決に役立たせようと、日立製作所は2020年6月22日にレガシーマイグレーションを支援する新サービスの提供を始めた。名称は「マイグレーション開発環境構築支援サービス」である。同サービスの特徴は、継続的インテグレーション(CI)の仕組みをCOBOLアプリケーションのマイグレーション開発とその後の保守開発に2段構えで提供する点にある。

マイグレーション開発環境構築支援サービスのイメージ
マイグレーション開発環境構築支援サービスのイメージ
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

自動化をレガマイでも

 CIとはビルドやテスト、パッケージングなどの開発工程を繰り返し自動的に実行できるようにする手法だ。頻繁に修正や改善が必要となるシステム開発において生産性や品質向上に有効とされていて、オープン系の開発では浸透しつつある。CIは各工程の作業をツールで自動化して、さらに各ツール間を連携させる。全体として自動化を推し進めることで、修正や改善によるリリースの品質を素早く検証し、バグの早期発見につなげる。

 ただ、老朽化したレガシーシステムにCIを導入するのは難しい。「従来のCOBOLシステムのマイグレーションでCIを導入しようとするとプロジェクトごとにツールを独自に用意しなければならず、手間がかかっていた」。日立製作所の栗田繁アプリケーションサービス事業部サービスソリューション本部APトランスフォーメーション推進部主任技師はこう明かす。

 CIを手軽に導入できるようにするため、日立は新サービスにおいて、マイグレーション開発に必要なプロジェクト管理ツールや開発手順のひな型、CI基盤などをパッケージ化して提供する。主にCOBOL85という以前の仕様で構築したCOBOLアプリケーションを、オープン環境で稼働する「COBOL2002」仕様にマイグレーションする際に利用する。プログラミングの内容を変更しないストレートコンバート方式だ。