全4373文字

 2020年6月2日、規格策定でこれまでは歩み寄ることのなかった米Society of Automotive Engineers(SAE、米自動車技術会)と米Underwriters Laboratories(UL、米保険業者安全試験所)の有力2規格策定団体が手を結んだ(日本語版のプレスリリース)。自動運転に関連した規格で協調することで合意した。自動車など自力で推進する乗り物関連の規格を手掛けるSAEと、安全規格に強いULが手を結ぶことで、米国で自動運転に関連した規格の策定が加速しそうだ(図1)。

図1 米Ford Motor(フォード・モーター)のレベル4の自動運転試験車両
図1 米Ford Motor(フォード・モーター)のレベル4の自動運転試験車両
米国テキサス州オースティンにおける試験走行の様子。2019年9月のもの。同試験は、同社傘下の米Argo AI(アルゴAI)と共同で実施している。アルゴAIはANSI/UL 4600の策定に加わっている。(出所:Ford Motor)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の提携によって、SAEはまず、完全自動運転に向けた世界初の安全規格「ANSI/UL 4600」を参照する規格を開発する方針だ(関連記事*1。さらに両規格団体は、新たなパートナーの獲得を模索する構えだ。

*1 ANSI規格は、American National Standards Institute(米国国家規格協会、ANSI)が策定する米国の国家規格の1つ。

 今回の両規格策定団体の協調の背景として考えられるのが、United States Department of Transportation(USDOT、米運輸省)が2020年1月に発表した、米連邦政府の38の省庁・独立機関・委員会および大統領府にまたがる自動運転への取り組みを統合するためのガイダンス「Automated Vehicles 4.0(AV 4.0)」である。大統領府とUSDOTの意向を踏まえたもので、自動運転において米国がリーダーシップを確保するためのアプローチを確実に実施するための10の原則を詳述する*2

*2 国家を挙げて自動運転分野でのリーダーシップ確保を狙うのは、米国だけではない。例えば中国では、製造強国入りを果たすための国家政策「中国製造2025」(2015年発表、18年更新)を推進中。その中で自動運転を含むスマート化した自動車(スマートコネクテッドカー)を重点分野の1つに据え、金融支援や財政税制支援、さらにはさまざまな関連政策によって自動運転に関わるエコシステムやビジネスモデルを早期に構築し、先行者利益の獲得と中国版標準の確立を狙う。一方、日本や欧州は、United Nations Economic Commission for Europe(UNECE、国際連合欧州経済委員会)「自動車基準調和世界フォーラム(WP29)」における自動運転関連の国際基準づくりをリードすることで、同分野における影響力を高めようとしている。

 今回の提携は、こうした米国政府の積極姿勢とも合致するもので、ANSI/UL 4600の重要性は今後さらに増していく可能性が高い。International Organization for Standardization(ISO、国際標準化機構)規格に採用され、ISO規格として国際基準や各国の法規制において参照されるようになれば、強制力を持つようになる。ここでは、自動車関連の他の安全規格との違いを含め、ANSI/UL 4600の本質を紹介する。