全1537文字
PR

 大規模なアジャイル開発にフレームワークの採用が本格化しそうだ。富士通は2020年6月1日、米Scaled Agileとパートナーシップ契約を締結。Scaled Agileが開発する大規模向けアジャイル開発フレームワーク「Scaled Agile Framework(SAFe)」の導入支援サービスを日本を皮切りにグローバルに展開する。

 大規模向けアジャイル開発フレームワークはSAFeのほかにも「Scrum of Scrums」や「Disciplined Agile Delivery(DAD)」などがある。米CollabNet VersionOneの調査によれば、SAFeが世界中で1番使われている「世界No.1」のフレームワークである。

フレームワークのシェア
フレームワークのシェア
(出所:米CollabNet VersionOne)
[画像のクリックで拡大表示]

経営スピード向上を目的としたフレームワーク

 SAFeは経営スピード向上を目的とするフレームワークである。特徴は組織を運営する企画部門とビジネスを推進する業務部門、システムを開発するIT部門という主に3つのレイヤーをアジャイルの手法で変革する方法を定義していることだ。レイヤーごとに利用するアジャイルのプラクティスや、バックログに記載すべき内容などを定義している。さらにSAFeを導入するための手順も用意する。

 富士通の御魚谷かおるサービステクノロジー本部 アプリ技術コンサルティング統括部 シニアディレクターは「企業が進めるDXの目的は経営スピードを上げること。これを実現するにはシステム開発に閉じたアジャイルではなく、経営とITの連動性を高めて企業全体をアジャイルで変えていかなければならない」と説明する。

 富士通は、世界中で利用が進むSAFeの導入を支援できる体制を整えてSI事業の強化を狙う。御魚谷シニアディレクターは「アジャイル開発の知見は蓄積されつつあるが、経営スピードという観点のノウハウは少ない」と話す。Scaled Agileと提携して企業全体をアジャイルで変革しようとする企業へコンサルティングやシステム開発をできるようにする。