全2214文字
PR

 2020年6月19日午後に厚生労働省が公開した新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。リリースして4日後の6月23日には不具合が見つかった。

 感染を登録画面に入力する際に必要な「処理番号」の発行を受けなくても任意の数字を入力すれば「完了しました」と表示される場合があった。6月30日にこの点の修正版(iOS版)をリリースした。Android向けの修正版は近日中の配布を予定している。

普及率は人口の3.7%程度

 ダウンロード数は29日午後5時までにおよそ472万件。普及率は人口の3.7%程度にとどまる計算だ。5月25日に安倍晋三首相は「アプリが人口の6割近くに普及できれば大きな効果が期待できる」とする英オックスフォード大学の研究結果に言及した。「政府として普及率の数値目標は立てていない」(橋本岳厚生労働副大臣)とするものの、あまりに普及率が低ければ感染防止効果はほとんど期待できない。

6月19日にリリースした新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の試用版
[画像のクリックで拡大表示]
6月19日にリリースした新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の試用版
出所:厚生労働省

 接触確認アプリはパーソル・プロセス&テクノロジー(パーソルPT)が工程管理を厚労省から受注し、同社が日本マイクロソフトとフィクサーの2社に再委託する。パーソルPTは「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」の開発も手がけている。「予算を取って契約をしないと国はシステム開発できない。従ってアプリの開発をHER-SYSの枠組みの中に位置づけて追加で契約した。実際に開発で手を動かすのはおもにCOVID-19 Radar Japanという民間技術者のコミュニティーだ」と6月18日の日経クロステックのインタビューで橋本副大臣は説明していた。