全4033文字
PR

 「よくある技術力アピールを兼ねたプロモーションのつもりはない。やるからには民生製品として離陸させたい」――。

 こう意気込むのは精密部品加工を得意とする由紀精密(神奈川県茅ヶ崎市)代表取締役社長の大坪正人氏。同社は2020年6月10日、設計から製造までを全て自社で手掛けた高級アナログレコードプレーヤー「AP-0」(エーピーゼロ、開発コード)を受注生産すると発表、予約の受け付けを開始した。価格は200万円(税別)だ。

由紀精密が開発した200万円のアナログレコードプレーヤー「AP-0(開発コード)」の外観
由紀精密が開発した200万円のアナログレコードプレーヤー「AP-0(開発コード)」の外観
大きさは幅560×高さ209×奥行き353mmで質量は27.4kg。カートリッジは含まない。(出所:由紀精密)
[画像のクリックで拡大表示]

 AP-0を構成する部品の大半はアルミニウム合金やステンレス合金を削り出した一品もの。個別受注生産のため、高額な上に納期も約3カ月と長い。それでも問い合わせは予想以上で既に数件の予約も受けた。「反響はすごい。エンジニアからオーディオ愛好家まで、さまざまな問い合わせがきて驚いている」(大坪氏)。

社長にも内緒で開発チームを結成

 機械加工と設計開発を本業とする同社がなぜアナログレコードプレーヤーをイチから造ったのか。開発を主導した同社技術開発事業部事業部長の永松純氏は、「オーディオ機器という新領域で『音で人を幸せにする』という価値への挑戦は面白そうだと思った」と話す。

 「ものづくりの力で世界を幸せに」をミッションとして掲げる1961年設立の由紀精密。もともとは切削加工、特に精密旋削加工を強みとしてきたいわゆる「町工場」だった。技術力を背景に近年は設計・開発力を充実させて事業領域を広げ、顧客製品の設計開発支援やコンサルティングなどまで手掛ける。医療や航空宇宙といった最先端の製品にも関わっている。

 そんな同社で永松氏はかねて、顧客の製品の開発支援にとどまらず、自社の技術を駆使した製品を自分達で造りたいと考えていた。

 同社の強みの1つは回転体を加工する高精度の旋削加工にある。回転体を使い、高精度が大きな価値を生む製品が何か造れないか。そこから音楽好きだった永松氏が思いついたのが「アナログレコードプレーヤー」というアイデアだった。

由紀精密の大坪正人氏(左)と永松純氏
由紀精密の大坪正人氏(左)と永松純氏
(出所:由紀精密)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピュアオーディオの領域に属する高級アナログレコードプレーヤーなら精密機械としての性能が問われるから由紀精密が挑戦する価値のあるはず――。永松氏はこう考えた。デジタルオーディオの普及により衰退してきたアナログレコードだが、実は近年、生産枚数は増えている。直近10年をみると、生産量が減少し続けているCDやカセットテープに対してアナログレコードのそれは10倍以上に増えている。愛好家を中心に人気が再燃したからだ。