全1487文字
PR

 「PHR(Personal Health Record)に関するデータの取り扱いの標準化を進め、データの共有や活用がしにくいという課題を解決したい」(TISのサービス事業統括本部ヘルスケアビジネスユニット執行役員ジェネラルマネージャーの伊藤浩人氏)――。日本マイクロソフトとIT企業のTISが、PHRシステムの標準化に着手した。両社は2020年7月8日、PHRシステムを開発するためのテンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」をGitHub上に無償で公開した。

TISがヘルスケアリファレンスアーキテクチャーを提供する目的
TISがヘルスケアリファレンスアーキテクチャーを提供する目的
(出所:TIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヘルスケアリファレンスアーキテクチャーは、PHRシステムのサンプルプログラムなどで構成される。新規にPHR事業に参入する企業や自治体などが参照することで、システムを容易に開発できる。テンプレートを活用したPHRシステムが増えれば、利用者の同意を得た上で、各PHRのデータ連携がしやすくなり、その結果、データの利活用が進むと考えられている。

 PHRは、個人の健康や医療、介護に関する情報を保存する仕組みを指す。例えば健診の検査値や疾患に関するデータ、服薬している医薬品の種類などだ。最近では、それらの健康医療情報に加えてウエアラブル端末を利用し、日々のバイタルデータをアプリ内に記録するサービスが増えている。

 現在、様々な企業がPHRシステムを開発して利用者に提供しているが、システムごとに収集するデータの項目などが統一されていない。そのため、利用者の同意を得たとしても、システムの提供元が異なるデータ同士を統合して分析するのが困難な状況だ。

 「かつて電子カルテがルールなしで開発され提供された結果、構造化されていない情報はほぼ二次利用できていない現状がある。PHRをそうした状況にしないことが重要だと考えている」と、2020年7月8日の日本マイクロソフトとTISの会見で講演した九州大学病院の教授でメディカル・インフォメーションセンター長の中島直樹氏は指摘する。