全1629文字
PR

 キャッシュレス決済額やチャージ額の25%、最大2万円に対して5000円分まで国が還元する「マイナポイント事業」が2020年9月1日から始まる。キャッシュレス決済事業者は利用者獲得の好機とみて、独自の上乗せ施策を展開するなか、いち早く名乗りを上げたのがPayPayだ。

 2020年7月1日から8月31日までのキャンペーン「マイナポイントペイペイジャンボ」がそれだ。1等100万円相当のポイントなどが抽選で当たり、総額1億円相当を還元するキャンペーンである。

PayPayのキャンペーンは最大で1等100万円相当を還元する
PayPayのキャンペーンは最大で1等100万円相当を還元する
(出所:PayPay)
[画像のクリックで拡大表示]

 マイナポイントの還元を受けられるようにしてPayPayのキャンペーンに登録するには、マイナンバーカードを持っていることが必須条件だ。そして、マイナンバーカードとマイナポイントアプリ、PayPayアプリを使ってPayPayをマイナポイントのキャッシュレス決済事業者として登録する。

 この準備が整えば、2020年9月1日から2021年3月末までに、2万円までのチャージ額に対して、最大5000円分の還元が受けられる。また、キャンペーンに当選した人には2020年9月15日ごろにPayPayボーナスが付与される。

 マイナポイントの還元には年齢制限がない。例えば15歳未満の子どもの場合、親(厳密には法定代理人)が自ら登録した決済事業者とは異なる事業者を選べば、子どももマイナポイントの還元を受けられる。