全1334文字
PR

 2021年4月入社の新卒に向けた企業の採用活動は大幅な軌道修正を余儀なくされた。活動が本格化する時期である2020年3~6月に新型コロナ禍が重なったからだ。代表的なものが対面の代わりに実施したWebでの説明会や面接だ。ディスコが2020年5月に1122社へ実施した調査でも、約8割の企業が導入していた。

 ただ、初めてのことには混乱がつきもの。採用の現場では何が起きていたのか。IT企業の採用活動を支援するIT産業懇話会の協力を得て、27社の人事担当者の声を集めた。見えてきたのは、対面の活動とは様子が大きく異なることだらけの実態だった。

2021年卒の新卒採用はWebでの説明会や面接が主流になっている
2021年卒の新卒採用はWebでの説明会や面接が主流になっている
(出所:PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]

「カンペを読んでいるのばれてますよ」

 何人もの人事担当者が触れていたのが「カンペ(カンニングペーパー)」の存在だ。志望理由や学生時代に力を入れたことなど、面接で話す内容をテキストで打っておいてパソコン画面に表示させたり、印刷してその紙を見えないように手元に置いて話したりする行為を指す。リアル面接ではまずあり得ないが、Web面接だと簡単にできてしまう。

 コロナのために説明会で若手社員と話したり、インターンシップで会社の中に入ったりができず、企業研究が進まなかったからカンペに頼ろうとするのかもしれない。もちろんカンペに対する人事担当者の目は厳しい。「目線の動きでカンペを読んでいるのはバレバレ」と就活生の不自然な動きを見抜いているようだ。結果として「悪い印象になる」とする人が多く、「カンペを読んでいる、イコール会社研究をしていないと伝わり不合格にする」という厳しい意見もあった。